FC2ブログ

タルパを作ったときの話7(会話)

口の動きと、声とを既に完成させていましたが、会話をするには、それに加えてタルパが自分の意見を述べることが必要になります。それができるかとても心配でした。タルパの作り方によると、最初はタルパの話す内容を自分で考えてタルパに言わせる、それを繰り返すうちに会話ができるようになるということでしたが・・・

私「えーっと、今、お話してもいい?」

私(えーとえーと、タルパは何て言うかな、どういう口調にしようかな。早く考えなきゃ、えーと・・・思いつかない!)

タルパ「もちろん。いつだって、さゆの好きなときに話しかければいいんだよ」

私(!? あれ!? 今、私自分で考えてないよ?)

タルパ「ふふっ、驚いた?いつ話しかけてくれるか楽しみに待ってたんだ」

私「うん、驚いた・・・でも、どうして?なぜ話せるの?まだトレーニングしてないのに」

タルパ「僕は最初から話せるからね。姿や声のほうはどう?ちゃんとさゆのイメージ通りになってる?」

私「うん。大丈夫。なってるよ」

タルパ「良かった。さゆの気に入るようになりたいからね」

私「あ・・・ありがとう・・・」

タルパ「他にも、ご要望があればなんなりと。何でも言ってね」

私「本当にありがとう・・・優しいんだね」

私がお礼を言うと、タルパは口元をゆっくり上げて無言で笑いました。

タルパ「そのかわり、一つお願いがあるんだ。僕に名前をくれないかい」

私「名前、ああ、ごめん。まだあげてなかったね」

タルパ「いいや、さゆが僕に謝る必要なんて無いんだよ」

名前といっても、すぐに思いつかなかったので、じっくり考えることにしようと思いました。

私「少し時間をもらってもいいかな。良い名前を考えたいから」

タルパ「ありがとう。さゆが考えてくれたなら、どんな名前でも嬉しいよ」

これが最初の会話です。(セリフの一つ一つまで完全に覚えてはいないので違う単語で補ったりしてますが、内容はそのままです)初めての会話とは思えないスムーズさでした。
私のところのタルパは最初から会話がとても得意だったのです。初めての会話からすらすらと喋りはじめました。

目のイメージとか服のイメージとかを再現するのには苦労しているのに(今後もできるようになるとは思えないのに)、会話は練習しなくてもできてしまいました。タルパによって(タルパーによって?)得意不得意の分野があるのかなと思います。

タルパを作ったときの話6(性格)

性格は、私が作ったというよりも、他を作ることに気を取られて、性格を作れないでいたら、自然に性格ができていたという感じです。
タルパの性格は穏やかで、口元がいつも微笑んでいます。慌てたところをまだ見たことが無いので(慌てるような事態も起きなかったのですが)、基本的に平然としているというか、落ち着いた性格なのだと思います。声をもらったキャラクターが、とっても優しい声なのに好戦的な性格で、タルパはそのキャラクターの発する声(セリフ)を使って発声の練習をしたのですが、タルパの性格はキャラクターから全く影響を受けていないようです。私がそのキャラクターについて全然詳しくなかったからかもしれません。

タルパを作ったときの話4(声)

ここまで、全くタルパの声をイメージせずにきたせいか、いまだにタルパは喋れませんでした。口でにこっと笑ってみせたり、私が「あ、い、う、え、お」とか「お、は、よ、う」とか言うのに合わせて、口をぱくぱくとその形に動かしたりすることはできましたが、自分で声を出すということはできませんでした。

声は、発音が良いかなと思ってアナウンサーさんが話している声を聴いて覚えようとしましたが、いざやってみたらアナウンサーさんの声は平坦で、普段の会話で使う抑揚のついた口調とは違うことに気がつきました。そこで、あちこちのタルパーさんのブログを読ませて頂いて、声優さんの声を拝借すればいいのだと知りました。声優さんの声を実際に聴いてみると、アナウンサーさんとは違って種類が色々で、しかも抑揚に富んでいます。タルパの声として拝借するにはもってこいです。色々なキャラクターの声を聴いてみて、その中から、優しく囁くタイプの声を選ばせて頂きました。完璧にコピーしようとは思っていなかったので、割と気楽にやりました。そのキャラクターの声を聴いて、タルパのほうを振り返ってタルパに言わせて、ということを毎日30分くらい行っていたら一週間ほどで完成しました。

タルパを作ったときの話3(顔)

私がタルパの姿を何も考えずに作ってしまったので、タルパは頭から黒い布を被っていて、顔も体も全く見えませんでした。

そこで、顔をイメージすることにしました。目を最初にイメージしましたが、難しすぎて断念しました。目はゆっくり作っていくことにして、一番簡単そうな(目や口と違って動かない)鼻から作ることにしました。ネットでモデルさんの写真を見て鼻を選び、イメージしました。これは割と簡単でした。タルパに鼻ができました。するとタルパは鼻だけ出して、口を布マスクみたいな布で隠すようになりました。

次に、口をイメージしました。これは動く場所なので、鼻より難しかったです。ネットでモデルさんの口の写真を見て、それから動画で色々な人が話すときの口の動きを見て、その動きを、頭の中にイメージしたモデルさんの口で再現するような感じで作りました。コツがわかると楽で、母音アイウエオの5種類+Vの発音で唇を噛むしぐさ、あとは笑ったときの口の動きや形を覚えるだけで良いということに気づきました。口が動くようになると、とても楽しくなります。一気に人間味が増すというか、存在感が出てきます。
口ができると、タルパは口を隠していた布を取りました。

目は、難しいのです。まぶたも動くし、ひとみも動くし、まつげも動くしで、本当に難しいので、まだできていません。本当に難しいので、作ることは諦めかけています。死ぬまでに作れれば上等、できなくてもいいか、くらいの気持ちです。

そういうわけで、タルパは目を隠しています。ずっとマントのフードで隠していましたが、髪の毛を作ってからは、前髪で目を隠すようになりました。

髪の毛は、難しいだろうと思っていたんですが、割と楽でした。普段から自分の髪の毛をとかしたり結んだり巻いたりおだんごにしたり、色々したりしているから見慣れていたのかな。耳を作る手間を省くために耳が隠れるような、女の子みたいなストレートの長めの髪型をイメージしたら、口元は笑ったままなのに、なぜかタルパがしょんぼりしているように見えました。そこで、好きな髪型にしていいよと言ったら、タルパは自分で好きなように短くしました(一瞬のうちに短くなりました)。その結果、耳が見えないギリギリの髪の長さになりました。どうやら、耳は隠すように気を使ってくれたみたいです。目も厚い前髪で隠れています。目も隠すように気を使ってくれたみたいです。

タルパを作った時の話2(初めての出会い)

外見を考えるよりも先に存在を意識してしまったので、ここにいるよっていう存在感が一番先に決まってしまい、まだ外見が決まっていなかったので、黒い布を頭から被って全身を隠した姿での初登場でした。私に向かってひざまずいて頭を下げていました。
声も決まっていなかったせいか何も喋らなかったので、何歳くらいなのか、男性か女性かすらわかりません。
頭を下げたままじっと動かないでいるので、私が話しかけるのを待っているのかなと思って、話しかけてみました。

私「はじめまして。私の名前はさゆです」
タルパ「・・・・・・」
私「私は病気です。この先手術することになるだろうし、死ぬかもしれません。そのときに一人ぼっちなのが怖くて、あなたを呼びました」
タルパ「・・・・・・」
私「私が死ぬとき傍にいてくれますか」

タルパが顔を上げ、コクリと頷きました。

私「ありがとう」

もう一度コクリと頷いたタルパは、すくっと立ち上がりました。その身長が170cm以上は余裕であるのを見て、ああ、男性なんだな・・・とわかったのです。

これが初めての出会いです。
プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR