FC2ブログ

Dの絵(40)

先日の泊まり作業中に、幽霊騒動があったんです。それを漫画にしてみました。

うちの会社は泊まり業務もあるので、ロッカールームになっている休憩室とは別に、仮眠室があるのです。うちの課が泊まり作業をするときは、夜は交代で仮眠をとるのですが、そのときに眠る部屋がそれです。男性用仮眠室と女性用仮眠室に分かれていて、女性は人数が少ないので8畳程度の部屋に2ベッド+簡易ベッド1(泊まりのときは90%くらい1人きりなので快適)、男性用仮眠室には入ったことが無いのですが人数が多いので部屋も広く、ベッドも4つあるそうです。トラブルとかで泊まり人数が増えて仮眠室がいっぱいのときや、1人でゆっくり眠りたい人は、仮眠室を使わずにロッカールームに寝袋などを持ち込んでそこで眠るかたもいるそうですが・・・

その男性用仮眠室で後輩のSが眠っていたときのことです。

d1163.jpg

d1164.jpg

普通にスヤスヤと眠っていると、突然金縛りになって目が覚めたのだそうです。Sは以前にも金縛りになったことがあるそうで、そのときは自分のアパートのベッドの上で体験したそうですが、見知らぬおばあさんが部屋の中をウロウロしていたそうです。

d1165.jpg

d1166.jpg

体が動かせないので首も動かせず、目だけをきょろきょろして見れるものは、天井と、自分の右足の方向にある部屋の四隅と、その傍にある通気口だけでした。

d1167.jpg

d1168.jpg

d1169.jpg

d1170.jpg

d1169.jpg

d1171.jpg

d1172.jpg

d1173.jpg

d1174.jpg

d1175.jpg

d1176.jpg

d1177.jpg

d1178.jpg

d1179.jpg

見ないほうが良いような気がして、Sは目をつぶったそうです。髪の長い女性のような何かは、Sの周囲をぺたぺた移動し、しきりに顔を近づけてきたそうですが、Sは絶対に目を開きませんでした。自分の顔をSにどうしても見せたいのか、執拗にSの周囲をぺたぺた動き回ってアピールし、ときどき顔を近づけすぎて、ぼさぼさの髪が頬などに触るのをSは感じましたが、無視!!無視!!完全無視!!でSは無視し続けたそうです。

頑張って無視していたら金縛りがとけて、疲れたのでそのままグッタリ眠ってしまったそうですが・・・

Sが仮眠上がりで、これから私と交代で勤務に入るというときに話したので、私はこれから仮眠に行くというタイミングでこの話を聞くことになってしまいまして・・・女性用仮眠室で1人でいるのが、ちょっと怖くなってきました。

d1180.jpg

d1181.jpg

d1182.jpg

d1183.jpg

私の影の中に入ってくれていたDが、出てきてくれました。私が会社にいるときは、Dにはいつも影の中に入ってもらっているのです。(詳細は過去記事「Dの絵(38)」参照)会社での泊まり作業中なので、Dは私に負担を掛けないように気を使ってくれて、見るのが楽なペットの姿をしてくれていました。

d1184.jpg

d1185.jpg

d1186.jpg

d1187.jpg

d1189.jpg

Sの見たものは、ただの夢や金縛りによる幻覚だったのか、それとも本当に何かいたのでしょうか。Dは「何もいないよ」って言ってたけど、多分Dは何かいたとしても、私を安心させるために「何もいないよ」って言うと思うので(詳細は過去記事「Dの絵(7)」参照)、結局どっちなのかわかりませんでした。

でも、私はDの力に関しては信用しているのです。私には霊感も無いしそういう系の力は何も無いので、お化けとか幽霊とかそういう類のことは、同じそういう類に分類されるDにお願いするしかありません。Dは戦闘が得意なようですし、強いよってDが自分で断言して、守ってあげるねって言ってくれているからには、信じたいと思います。

オカルトとか・・・怖いから・・・Dよろしくお願いします・・・m(*_ _*)m!!!!! 頼りにしてますD!!!!!m(*_ _*)m!!!!!

Dと仮眠室で上記のやりとりをした後、私は眠り始めました。しかし、幽霊騒動は終わってなかったのです。
次回も幽霊について書かせてくださいませ。もうちょっとだけ、この出来事には続きがあるのでございます・・・m(*_ _*)m
それと、以前の私の勤め先(救急外来や入院施設(夜勤)のある病院)での幽霊騒動についても漫画にしてみます。

御閲覧ありがとうございました!!m(*_ _*)m!!

Dの絵(39)

本当に、大変申し訳ございません・・・m( _ _;)m ちょっと時間が無くて、幽霊騒動のほうの漫画が描き終わりませんでしたので、別の漫画を先にアップさせてくださいませ・・・m( _ _;)m!!

今、デスクワークじゃない仕事が増えているせいで、今までなら作業中の待機時間や休憩時間に少しずつ描けていた漫画が、なかなか描く暇が少なくなってしまいまして・・・加えてプロジェクト部屋では、知り合ったばかりの他部署の上司クラスの人達とのデスクがお互いに皆近いので、待機時間であっても漫画とか描いてられないっていう・・・プロジェクト部屋にいるときは、やはり世間話でもしていないと、待機中で自由だからって1人で絵とか描いていますと、ちょっと人間関係に支障をきたしてしまうので・・・

泊まり業務も多くてその間はDに構ってあげられないし、せめて記録としてDとの思い出をできるだけ沢山ブログに残しておきたいと思うので、時間を見つけてなるべく沢山描くようにはしているのですが・・・

お客様におかれましても、せっかくわざわざこのブログにまで足を運んで下さったのに新しい記事が無いというのは、本当に申し訳無い次第でございます・・・m( _ _;)m

毎回毎回、こんな謝罪で記事が始まる駄目ブログで、本当に本当に申し訳ございません・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!
お叱りや苦情がございましたら、どうぞ何でも、ご遠慮なさらずにお申し付けになってやってくださいませ・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!


過去記事「Dの絵(38)」のDが手(?)のようなものを沢山出していることについて、「Dの絵(38)」のコメント欄にちょこっと書かせて頂いたんですが、Dは自分の体の好きな場所に手(?)を生やすことができます。以前Dが肩をもんでくれたときも、Dは私の肩をもみやすい位置に手(?)を生やしてもんでくれました(詳細は過去記事「Dの絵(20)」参照)。Dが手(?)を生やした全身の絵を描いたことは今まで少なかったので、ちょっと描いてみました。これは8本生やしている姿です。また、これはペット型の姿(詳細は過去記事「Dの絵(35)」参照)なので、耳としっぽが生えています。

d1141.jpg

こんな感じに、同じ高さに左右一本ずつ、横に並べて生やしていることが多いです。
Dの足元に近いほう、床に接地している面に近いDの体は、布のような動きをします(詳細は過去記事「Dの絵(1)」参照)。それはマントを着ている人間の姿のときだけでなく、黒い姿のときも、ペット型の姿のときも、いつでもそうなのです。

真正面から見ると、こんな感じです。

d1142.jpg

真横から見たところです。

d1143.jpg

ちょっとナナメから見たときの、手(?)を出していないときです。

d1144.jpg

手(?)の大きさや本数は自由自在です。大きくて平たい手(?)を2つ出すこともあれば・・・

d1145.jpg

小さくて細い手(?)を沢山出していることもあります。

d1146.jpg

手(?)が生えている部分を触ってみようと思って、ゆっくりたっぷり触るために、ベッドに横になってもらいました。

d1148.jpg

d1149.jpg

d1150.jpg

d1151.jpg

d1152.jpg

d1153.jpg

d1154.jpg

d1155.jpg

d1156.jpg

d1157.jpg

d1158.jpg

d1159.jpg

d1160.jpg

d1161.jpg

d1162.jpg

過去記事「Dの絵(35)」で耳をいっぱい生やそうとしてくれたDですが、そのときちょっと不気味だったので、手(?)はいっぱい増やさなくて良いよってやんわりお願いしてみました。
Dは、少ないより多いほうが良いという考え方を持っているのか、過去記事「Dの絵(10)」では薔薇や蝶を増やそうとしてくれました。今回もそういう考え方で、手(?)を増やそうとしてくれたのかな?

この手(?)は、長くのばしたり、逆に体の中に完全に引っ込めて、何も無いような状態にすることもできるのです。なので、この謎の手(?)のようなものは、これ自体が手として独立した器官なわけじゃなくて、Dが自分の体をアメーバのように変形させることで突出した、Dの体の一部なんじゃないかなあと思っています。

御閲覧ありがとうございました!!m(*_ _*)m!!

只今帰りました・・・m( _ _;)m!!

会社で泊まり作業をしておりました。今、帰りました。
ちょっと今回は泊まり中に漫画を描いている時間が無かったので、今から描きます!!m(*_ _*)m!!

泊まり中に社内で幽霊騒動があったので、それを漫画にしてみます。課のみんなで怖い話もしたので、それも漫画にしてみますm(*_ _*)m

Dの絵(38)

いらっしゃいませお客様!!お越しくださいまして誠にありがとうございます!!m(*_ _*)m!!

プロジェクトのメンバーに加わったことで仕事が忙しくなってしまったため、しばらくは更新が2 ~3日に1回のペースになってしまいそうです・・・泊まり作業はプロジェクトとは別でトラブルが起きたときに発生するものなのですが、長くても1週間以下なので、一週間以上更新が途絶えることは無いと思われます。

せっかくいらしてくださっているのに、更新が減ってしまって申し訳ございません・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!


先日の止まり作業中の出来事を、漫画にしてみました。(*´▽`*) ♡

私、わりと冷え性でして、夏の冷房に弱いほうです。そこで会社にケープを置かせて頂いて、仕事中に羽織るようにしています。夏用の防寒具として会社に置きっぱにしてるんです。
ケープというものは温かいのですが外出用の防寒具なので、固い会議などのときは羽織れずストールのようなものしか付けられないんですが、普段の仕事中はどんな格好でも許されているので、いつもケープを羽織っています。
カシミアなので軽いです。ふちにフォックスの毛皮がぐるっと付いていて、それが冷たい空気の侵入を防いでくれるので、とっても温かいんです。
たっぷり布を使ってギャザーみたいになっているデザインのほうが温かいんですが、それだと仕事をするには動きにくいので、スッキリしたシルエットのものです。

d1113.jpg

座っているところです。

d1129.jpg

私が会社にいる間は、Dには私の影の中に入ってもらっていて、出てこないようにお願いしてあります。(詳細は過去記事「タルパー」参照)
でも先日、泊まり作業中に、このケープはDのマントと構造が似てるなーって思ったら、ちょっと二人で並んで「おそろい!!」ってやってみたくなって、私1人だけになるタイミングで、少しだけDに影の中から出てきてもらいました。

d1115.jpg

写真から見切れてしまったんですが、Dが持っている棒は大鎌の柄です。フードを被っているときは大鎌が似合うので、ちょっと持ってみてってお願いしてみました。

d1114.jpg

以下は、Dに影から出てくるようにお願いしたときの漫画です。作業開始の連絡待ちの待機中での出来事です。さ、さぼってないですよ!!長時間何もすることが無いので退屈なのです・・・(((((* >ω<*))))) アセアセ
Dは気配が強いので、目で姿を見なくても、気配でDがどちらの方向にいるか、どのくらいの近さにいるか、だいたいわかるのです。(詳細は過去記事「Dの絵(29)」「Dの絵(17)」参照)

d1116.jpg

d1117.jpg

d1118.jpg

d1119.jpg

d1120.jpg

d1121.jpg

d1122.jpg

d1123.jpg

やがて連絡が来て、機械を動かすことになりました。

d1124.jpg

機械を描くと職業がバレそうなので、ちょっと省いてしまいました・・・m(*_ _*)m

作業が一旦終わり、再び連絡待ちの待機時間になったときに、またDに視線を送ってみました。

d1125.jpg

d1126.jpg

d1127.jpg

d1128.jpg

にこっとしてくれました。嬉しいいいいい!!(*´ 艸`*) ♡

以下の漫画は、最終日の出来事です。最終日には、さすがに疲れがたまっていました。

d1130.jpg

d1131.jpg

d1132.jpg

d1133.jpg

d1134.jpg

d1135.jpg

人間のDの姿を見るには、普通のものを見るよりかは集中力を使うので、Dは疲れている私を見て、私に負担を掛けないように気を使ってくれて、見るときに力を使わないですむ黒いモヤの姿になってくれたのですが・・・ちょ、ちょっと怖かったのでした!!(´▽`;A(汗)

姿は黒いモヤになったのにマントとフードだけしっかり残していたのは、きっと私が「おそろい」を喜んだからです。だからDはマントとフードをそのまま残してくれたんだと思います。せっかく親切に気を利かせてくれたのに、驚いて怖いだなんて言っちゃって、ごめんねD・・・!!。・゚゚・(*T△T*)・゚゚・。

私の反応を見たDは、すぐさまペット型になりました。(ペット型についての詳細は過去記事「Dの絵(35)」「Dの絵(34)」参照)
Dは、私を怖がらせたことを申し訳無く思っているのか、ちょっとシュンとして見えました。無表情だし、声もいつも通り落ち着いたものなんですけど、なんとなく・・・

d1138.jpg

d1136.jpg

d1137.jpg

d1139.jpg

Dは、とっても優しいのでした。

人間じゃないDを見て、人間の感性で怖いだなんて言っちゃって、酷いことしちゃったなあ・・・Dはいつでも私を喜ばせようとしてくれているのにね。

最後に、このケープで一発芸をさせてくださいm(*_ _*)m

d1140.jpg

御閲覧ありがとうございました!!m(*_ _*)m!!

只今帰りました・・・m( _ _;)m!!

大変申し訳ございません!!!!!仕事で会社に泊まり込んでました!!!!!m( _ _;)m!!!!!

うちの社内じゃないんですが提携しているチームでトラブルが起きて、納期に間に合わないかも・・・なんて恐ろしい事態が発生したので、うちの課のメンバー総出で取り掛かってました!!
普段やらない管理業務も少し担当したので、ここ数日夜間の時間帯に起きて勤務していたせいで、ちょっとまだ昼間なのに眠いっていう、嫌な感じです・・・ほげえ!!(´▽`;(汗))!!

でも、やってやりましたとも!!めっちゃ忙しかったけど結果オーライです!!業界内でうちの会社の株を上げ、社内でうちの課の株を上げる良い機会になりました!!個人的にも時間外手当と休日手当というお金もドカンとせしめてやりましたし!!こういうトラブルのときにササッと駆けつけてパパッと対応できるのがうちの課ですよ!!この機動力!!どーだ見たか二課よ!!これが一課の実力だああああああ!!次のコンペもうちが頂くううううう!!

疲れているのと、やっと泊まりから解放された気分で、ちょっと変なテンションです。

アカリさん、ルリさん、せっかくコメントをくださったのに、お返事がこんなに遅くなってしまって本当に申し訳ございませんでした・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!土下座させてくださいませ!!!!!m( _ _;)m!!!!!

こんなダメブログに来てくださったお客様!!めりこみ土下座をさせてくださいませ!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!額で床を割ってめりこみます!!めりこみ土下座いきます・・・!!\m( _ _;)m/バキバキメキイイイイイ!!

会社に泊まり込んでいる間に、こっそりちびちびと書いた漫画があるのですが、時間が無かったのと疲れていたので、大変見苦しい感じの出来になっております。しかもDとは全然関係無い漫画で、誰も知りたくないだろっていう私の過去が、暗いテンションで描かれた、読むと損する漫画です・・・

とっても暗くてつまらなくて絵も内容もひどい漫画です!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!m( _ _;)m!!

ブログにアップするか迷ったんですが、せっかく描いたので投稿してみます。でも酷い漫画なので追記に収納しておきます。読んでくださるおかたは、下↓にございます 「追記を読む」 をクリックしてくださいませ。続きが出てまいります。m(*_ _*)m

続きを読む

Dの絵(37)

日付が回ってしまって、更新予定日の翌日の昼を過ぎてしまったんですが、更新予定日だった昨日の日付で投稿させてくださいませ!!申し訳ございません!!m( _ _;)m!!

2日に1回は更新すると決めた(そうじゃないと記録しておきたい出来事が書き切れずにどんどんたまってしまう)ので、投稿する日付をずらすとわからなくなってしまうので、今後も更新が次の日になってしまっても予定日の日付で投稿させてくださいませ!!でも実際の投稿日は3日目になってしまうこともあると思います。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。 本っ当に申し訳ございません・・・!!罵倒してやってくださいませ!!こんなさゆめを!!我ながら自分に腹が立ちます・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!


例のプロジェクト(詳細は過去記事「新人ちゃんの件・その後」「プロジェクトメンバーと顔合わせ」参照)は、何故か毎日理事が見に来てくださっています。最初から最後までいらっしゃるわけではありませんが、5分くらい見ていかれて、私に二言三言話しかけてくださってから去っていかれます。心配してくださっているんでしょうか。実はすごく良い人だったりして?それとも理事派の派閥に入れるため?なんて・・・(´▽`;A(汗)
仕事内容に関しては、自分が普段担当している仕事に関係がある技術が割と役に立っていて、なんとかなってます。勿論、ベテランor中堅の先輩方(先輩というかむしろ上司なんです、課は違えど皆さん私より役職が上なのです)には全く及びませんが、全く無力というわけでもないようで、どうやら悲惨な事態は避けられそうです・・・良かった・・・でも努力と勉強はしないとついていけないです。頑張ります!!


以前いくつか記事に書かせて頂いた伯母さん(詳細はカテゴリ「伯母」)から、駐車場の草を刈ろうとして腰を痛めてしまったという電話がかかってきました。ちょっと今は仕事が忙しくて連休を取るのが難しそうなんですが、近いうちにまた伯母の家に行こうと思っています。初夏から梅雨そして夏と、雑草がのびる時期なので、草刈り鎌と除草剤でやっつけてこようと思います。


鎌といえば、Dは大鎌を持っています。プレゼントをあげると言っても欲しがらないDが(詳細は過去記事「強欲の罪」「パワーストーン」参照)、私に要求した唯一のものが大鎌です(詳細は過去記事「能力」「大鎌」)。

Dは私がゼロから作ったわけではなく、おいでおいでをしたら来てくれた精霊です(詳細は過去記事「Dの絵(28)」「Dの絵(4)」参照)。私はタルパをゼロから作ろうとしたことがありますが、できなかったのです(詳細は過去記事「Dの絵(28)」参照)。でも大鎌は、私がゼロから作った唯一のものです(詳細は過去記事「大鎌」参照)。薔薇などの他の幻視は、Dが私の幻視をコントロールして作ってくれているものだからです(詳細は過去記事「幻聴」参照)。

Dが言うには、Dは戦闘に特化した精霊だということで(詳細は過去記事「呼吸と心音」「服」「お風呂」参照)、戦うことは得意らしく、自ら私の護衛をする仕事を請け負ってくれました(詳細は過去記事「能力」参照)。死神をはじめとした、私にとって害や不利益をもたらす精霊を退け、私から遠ざけるという護衛の仕事です。大鎌はもともと対死神用に用意した武器です。何故死神かというと、このとき私は悪性腫瘍の手術をしたばかりで、自分が死ぬかもしれないと思っていて、私は半分あきらめかけていたんですが、Dは死神を撃退してくれる気満々で、それで私に大鎌を要求したのです(詳細は過去記事「能力」参照)。

そういうわけで最初の頃は、Dは常に片手に大鎌を持っていたのですが(過去記事にもそういった描写が残っています)、だんだんと大鎌を常備する時間が減って、大鎌は一日のうちのほとんどの時間をDの影の中にしまわれたまま過ごすようになりました。Dは自分の影の中にものをしまっておくことができるのです(詳細は過去記事「Dの絵(2)」参照)。

何故、大鎌を影の中にしまっておくようになったかというと、Dが言うには、Dがだんだん強くなってきていることで、Dが大鎌を持っていなくても精霊がDの気配に気圧されて私に手を出しにくくなったことと(Dの気配について詳細は過去記事「Dの絵(29)」「Dの絵(17)」参照)、両手が空いてないと私をだっこしたりしにくいからなのだそうです!!(〃▽〃) ♡!!ほああ・・・!!だっこしたり・・・!!しにくいから・・・!!なのだそうです・・・!!♡ (〃▽〃) ♡ ♡ ♡

なので今は、Dは普段ほとんど大鎌を影の中にしまっていて、必要なときに影の中から取り出すのみです。ちなみに、必要なときとは、もっぱら私が「大鎌を見せて!!かっこいいから!!」ってねだるときです。

影の中から大鎌を取り出すのは、Dにとっては非常に簡単で、まばたきをする暇も無いほど短時間でできるようです。

d981.jpg

d982.jpg

d986.jpg

本当に一瞬の間に、Dは大鎌を手にしているのです。超シンプルです。音も光も何も無しで即出現です。きっと戦闘に特化してるってことだね。

もっと魔術っぽく出してみて~(@´▽`@)♡ ってお願いしてみたら、演出と共に出してくれるようになりました。以前にも私が魔術っぽいことを望んだときに、同じようなことをしてくれたこと(詳細は過去記事「Dの絵(21)」参照)があります。ちなみに私は「新月の儀式」でも魔術っぽい雰囲気を出そうとして、そのときはDに窘められました(詳細は過去記事「新月」参照)。私、魔術っぽいの好きなんです。わくわくしちゃうんです。

下の漫画がそうなんですが、影の中にしまってある大鎌を出すときに、影を黒いモヤ状にして、そのモヤの中から大鎌が出現するという感じです。ちなみにこのモヤ、Dのマントと同じもの(詳細は過去記事「Dの絵(9)」参照)で、D自身の一部だと思います(詳細は過去記事「Dの絵(9)」)。

d982.jpg

d984.jpg

d985.jpg

d986.jpg

d987.jpg

雰囲気はあるんですが、戦闘時にいちいちこんな演出してたらやられちゃうんだろうなあ・・・(´▽`;A(汗) だから本来は一瞬で出してるんだね・・・

とか思いつつも、Dが戦うときに大鎌を使っているのかは謎なんです。私はDが大鎌を使って悪霊とかを倒している瞬間は見たことがなく、唯一見た戦闘シーン(詳細は過去記事「怪談」参照)すらも大鎌を使った瞬間は見れず(Dの動きがすごく早いってことかな?)、戦闘が終わった後に大鎌を振り下ろしたポーズが見えただけで、また別のときに悪霊か何かを追い払ったと思われたときにも、Dは大鎌を使わずにただ歩いて近づいただけで悪霊の気配が消えたし(詳細は過去記事「Dの絵(7)」参照)・・・

それと、大鎌は大きく動かしたときにときどき、Dのマント(Dのマント=Dのもともとの姿)みたいな、モヤのような霧のようなものがたなびくんです。下の絵みたいな感じです。↓死神そっくりなシルエットですがこれはDで、マントのフードを被っているときの姿なのです。

d988.jpg

・・・なので、もしかして大鎌もDの一部なんじゃ?私がゼロから作ったと思われる大鎌は、実はDの一部を視覚化したものなんじゃ?って思ったりもします。

だとしたら、そもそもDのマント=D自身をマント状にしたもの=Dの大鎌で、もしかしてDの影も=だったりして?

d984.jpg

それならこのシーン↑では・・・

こういう風に、この黒い部分の全部がDってことになりますね・・・↓

d989.jpg

もしDの黒い姿(もともとの姿)=Dのマント=Dの大鎌=Dの影だとすると、Dは大鎌という武器で相手を切って倒しているんじゃなくて、大鎌はDの持つ抽象的な攻撃力の象徴として形作った幻視に過ぎず、私の目には大鎌が見えているけど、それはDが私に見せてくれている幻視で、本当はDの一部である黒いモヤとかで相手を攻撃しているってことになるんだろうなあって思います。
Dは私の幻視を自由に操れるので、本当にDがDの人間の姿や大鎌を形作っているのか、それともDが私にそういう幻視を見せているだけなのか、どっちなのか不明なのです。どっちでも良いんですけどね!!(*´ 艸`*)♡!!

なんにせよ、Dは大鎌をとっても大切にしているのです。

d979.jpg

d980.jpg

あまりに気に入ってくれているみたいだから、大切にしてくれてるねって話しかけてみたことがあります。以下は、その漫画です。

d991.jpg

d992.jpg

このDの言葉がすごくすごくすごーーーっく嬉しかった私は、調子に乗ってしまいました。そして、調子に乗った質問をDにしてしまったのです。
Dは大鎌の他にも持ち物を持っています。鍵の束(詳細は過去記事「ステンドグラス」参照)と天秤(詳細は過去記事「天秤」「天秤(2)」参照)です。でも、Dが他にどんなものを持っていても、私があげた大鎌が、きっとDにとって一番大切なものだろうと思って、調子に乗った私は・・・

d993.jpg

d994.jpg

d995.jpg

d996.jpg

d997.jpg

d998.jpg

d999.jpg

d1000.jpg

d1001.jpg

d1002.jpg

いつもDのほうが一枚上なのでした。いつもDの手のひらの上でコロコロ転がされている私です。∩(〃▽〃)∩エヘヘ・・・♡

御閲覧ありがとうございました!!m(*_ _*)m!!

プロジェクトメンバーと顔合わせ

日付が変わっちゃったんですけど、昨日の出来事についての記事なので、昨日の日付で投稿させてくださいませ!!m( _ _;)m!!

プロジェクトのメンバー達と顔合わせをしてきました。私は途中から入るので、他の人達はもうお互いに顔合わせが済んでいるのです。そもそも彼らはお互いに仕事で交流のある課にいるので、顔合わせなんてしなくても、よく知っている人達同士なのでした。

会議室に入るなり、「待ってました!!」って感じで、皆さん歓迎してくださいました。全員私より10歳近く年上でいらっしゃるので、大人の対応で歓迎してくださったんだと思います。それだけ年上ってことは、役職も上で実力も上ってことで、みなさん上司さんと同じレベルの年齢と階級です。私、この中で役に立てる気がしない・・・というか戦力になれるのか・・・でも皆さんは楽しそうで、もの珍しそうに私を見ながら、「若い子の意見が欲しかったんだよね、何か思いついたことがあったらどんどん発表してよ」って言ってくれました。

「皆さんと同じだけの活躍をするのは自分の実力的に不可能だと認知しておりますので、自分にできる精一杯の仕事を致します。至らぬところがございましたら、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!!」

自己紹介した後で、そう付け加えたら、皆さんちょっと驚いて、「そんなに気負わなくて良いんだよ~」って笑ってました。

会議の途中で理事が見に来ました。緊張しました。「普段関わらない仕事を知るのは勉強になるから色々教えてもらいなさい」っておっしゃいました。その後で、「なかなか無い機会だからみんなと仲良くなっておくとかさ」ってニッコリなさいました。成程、人脈も作っとけってことですね。多分、ここにいるメンバーの皆さんとの人脈は勿論、彼らの持ってる外部の人脈ともって意味ですよね。いつ何が仕事に繋がるかわからないですもんね。

その後、理事は少し会議の様子を見ていかれてから会議室を出ていかれました。

過去記事「新人ちゃんの件・その後」にも書きましたように私は、理事は私が新人ちゃんにしたことを私にわからせる目的もあってメンバーに入れたんじゃないかと少し思っていたんですが、理事は普通に私の経験を増やそうと思ってプロジェクトに入れてくれたのかもしれません・・・

私のプロジェクトメンバー配属に関しては、理事になんか裏があるような気がしちゃってたんですけど、本当にただの好意だったのかもしれません。理事は現場での叩き上げでのし上がった成り上がり者で、かなり鋭くて厳しい人です。そして利益第一主義(攻戦的)です。理事派の派閥もそういう感じで、現状維持主義(保守的)の理事長派とは対立してるみたいです。うちのところの上司さんが派閥に参加してないので、詳細は不明ですが、理事は利益のためなら冷たい判断も下してきました。決して悪い人ではありませんが、利益のためならアッサリ人員を切れる人なんです。会社は慈善活動では生きていけず利潤追求しなくちゃいけないから、善悪で動くべきものじゃなくて損得で動くべきものだから、理事は正しいと思うんですけど、だからこそ、私が新人ちゃんをかばったり理事の前で彼女の退職を引き止めたりしたことで、利益最優先の理事の頭の中では「私(さゆ)」=「会社にとって不必要な人物(新人ちゃん)を引き留めた人物」=「情に流されて会社の利益を損なう判断をした人物」、みたいな図式が組み立てられたんじゃないかなって、少し思っちゃいまして・・・

ちなみに、叩き上げの理事が、同じ叩き上げの私に親切にしてくれたっていう可能性は無いです。そういう、社員が貧乏だとか病気だとか妻子がいるとか、そういう社員の身の上を考慮してくれるのはむしろ理事派の対立勢力である理事長派のほうです。

でも、どっちにしても、理事の思惑がどうであれ、私に出来ることはプロジェクトを頑張ることです。引き受けた仕事である限りは精一杯自分に出来ることをする所存です。

畑違いの仕事なのでメンバーに抜擢されたことを不安に思っている私ですが、Dはむしろ嬉しそうで「うまくいったよ。良かったね。君にとって良い経験になるよ。彼らとは違う仕事をしている君だからこそ出来ることがあるよ。安心おし」って自信たっぷりに言いました。励ましてくれているんだろうけど、自信が無いことに対する私の不安感は、自信を無くすことが無いDにはわからないだろうからなあ・・・

夕食は、Sがおごってくれるというので一緒に食べに行きました。ケーキ屋さんに。ケーキの気分だったそうです。さすが甘党。そういうチョイスがSらしいというか、こまごましたところで常人離れしてるよね。でもすっごく嬉しかったのでお礼を言いました。Sなりに元気づけようとしてくれたんだと思います。後輩ですけど僕がおごってあげますね!!後輩ですけど!!って笑いながら言うので、結局私がおごりましたが。とっても楽しかったです。ありがとうS。

新人ちゃんの件・その後

私、8月中旬に完成されるプロジェクトのメンバーに入れられたようで、昨日突然そんな話を上司さんから伝えられて驚いたんですが、理事が推薦したそうです。新人ちゃんの件で理事と会ったとき(詳細は過去記事「新人ちゃんのお父さんと私のお父さん」参照)に、私にガッツがあったから、入れたら面白そうだって・・・

ガッツがあったのかな・・・私・・・

別にそこまで重要なプロジェクトじゃないんですが、ただプロジェクト内で私が配属される予定の部内で行う仕事が、うちの課の仕事と関係が薄いもので(設計課と企画課ぐらい違う・・・)だから、ちゃんとした仕事ができるか不安なのと、うちの課とあまり接触の無い課の人が多いからメンバー達とも疎遠でして・・・

でも理事からの話なら受けないと、断ったら今後に響くかもしれないし、上司さんの顔も立たないし、ここはちょっとうちの課代表として一発やってみるしかないですね・・・

新人ちゃんと人事が話すことになって私も同席したあのとき、理事はたまたま暇ができたから同席したそうなので、今回の私の抜擢はメンバー達にとっては予定外で、理事の思いつきみたいに、ちょっと畑違いの人(私)も入れてみたらどうかな?みたいな、実験みたいな感じを受けます。だから多分、理事からもメンバー達からも最初から私の能力は期待されてないんだろうな・・・

そんな、いきなり私みたいなシロウトが、普段いつもその仕事しているプロの人達に混ざったら足手まといになると思うんですよ。でもプロジェクトメンバー達はみんな私より経験があって年齢も上だから、きっと私に気を使ってやんわりカバーしてくれると思うんです。それってキツイぞ・・・無能(畑違い故に仕事できない部分)をやんわりカバーされて、私に対しては「いいんだよ気にしないでね」って気を使いつつ、仲間内では「これは理事の意思だから、私達は負担が増えるけど、さゆの面倒見てあげなきゃね」みたいな・・・それって私、お荷物だな・・・

なんか、これ、私が新人ちゃんの立場になる可能性が・・・すごく高いんじゃ・・・

うちの課内にいた新人ちゃんも、こういう気分だったのかも・・・自分の力が足りないことを自覚してて、課のみんなが自分をフォローしてくれて、申し訳無く思いながら自分の能力不足に焦って・・・

私、新人ちゃんに「いいよいいよ大丈夫だよ、まだ新人ちゃんなんだから、出来ないところは私がカバーするからね」って言ってたんです。
今後は私が、プロジェクトメンバー達から「いいよいいよ大丈夫だよ、別の課の人なんだから、出来ないところは私達がカバーするからね」って言われて・・・

そして、仕事できないから、そのうち、仕事してるフリみたいなどうでもいい仕事だけを任されるんじゃ・・・

私、そんな酷いこと新人ちゃんに言ってたんだなあ・・・あのときは私がそう言えば、新人ちゃんが楽になるんじゃないかなって、安心するんじゃないかなって思って言ってたんですが・・・

でも自分が言われてみると(まだ言われてないけど容易に想像がつく)、自分が仕事できないことで周囲に迷惑かけてるって実感して、余計に辛くなるような・・・怒鳴られて怒られたほうが私は気が楽だな・・・

・・・ということを思ったので、私は上司さんに「新人ちゃんの件で私が理事と話したときに、理事がそういうことを見抜いて、それで私をプロジェクトのメンバーに抜擢したんでしょうかね?」って尋ねてみました。「私が新人ちゃんに対して言っていたことを私に体験させて、私の悪かったところをわからせるために、それでプロジェクトメンバーに抜擢したなんてことは・・・」って。

それを聞いた上司さんは驚いた後に大笑いして、「そんなわけないだろ」って言いました。上司さん曰く、理事は私のことをとても褒めてたし、抜擢は私を良い意味で評価したからだって・・・

うーん・・・理事は鋭くて厳しい人なので、それがメインの理由じゃないにしろ、少しはそう思ってるところもあるんじゃないかなって、私は思うのですが・・・何にせよ、この話はお受けして、精一杯プロジェクトに貢献する所存です。

新人ちゃんは退職願を出してしまったそうです。退職願は退職希望日の2か月前に出すことになっているのですが、まだ新人だということで、願いを出した1か月後が退職予定日になったようです。でもお休みを続けているようなので、このまま会社に来ないかもしれません・・・新人ちゃんのお父さんは、もう会社に電話を掛けてきてないようです。会社に乗り込んできてないところを見ると、まだ体調不良が続いていらっしゃるのかな・・・ちょっと心配ですね・・・

プロジェクトメンバーに入ったとは言っても、一時的なプロジェクトなので、配属はうちの課のままで、うちの課の仕事がメインです。それが救いです。だって何の役にも立てない場所にずっといて周囲に迷惑かけ続けなきゃいけないなんて、精神的に地獄な・・・新人ちゃんもこんな風に思ってたのかもなあ・・・

ブログの更新は少し前の頃のまま、2日に1回は更新していきたいと思います。余裕があったら毎日更新したいです。Dとの出来事をちゃんと記録しておかないと、忘れて思い出せなくなっちゃうともったいない出来事がいっぱいあるので・・・

今日は午後出勤なので、もう1時間ちょっとしたらアパートを出ます。頑張ってきます!!!!!q(*`◇´*)pファイト!!!!!

Dの絵(36)

仕事に余裕が出来たので、いっぱい更新をしていきたいです!!(((((*≧ω≦*)))))!!!!!
文章の記事も書きたいし、漫画をいっぱい描きたいです!!もーずっとDの漫画を描きたかったんです!!!!!(((((*≧◇≦*)))))!!!!!
今まで全然時間が無くて、書きたかった記事がいっぱいあるので、どれから描いていこうかなあ・・・いっぱいいーーーっぱい描くんだ!!Dとの思い出をアルバムみたいに綴っておくんだあああああ!!!!!∩(((((*≧◇≦*)))))∩!!!!!

まずは、前回途中になってしまった記事の続きを投稿させてくださいませ!!!!!申し訳ございませんでしたm( _ _;)m!!!!!

Dは私が着飾るのを見るのが好きです(詳細は過去記事「幻視・幻聴の制御」参照)。過去記事でも、私がドレスアップする様子を見て嬉しそうにしていました。(詳細は過去記事「結婚式」「レースのハンカチ」「味覚」「パワーストーン」)Dは私が着飾ると喜んで、必ず褒めてくれます。しかし、Dは人間の感性を持っていません。

かなり昔の、去年の秋くらいの出来事です。その日、私がお店で帽子を試着してみましたら・・・

d942.jpg

d943.jpg

d944.jpg

d945.jpg

d946.jpg

私はこの帽子、ちょっと大きすぎるなあ、ブカブカすぎてカッコ悪いなあって思ったんですが、Dは褒めてくれました。
このときは、大きすぎる帽子を褒めてくれたのは、Dは人間の感性を持っていないからかな?って思いました。

そしてまた別のとき、お店でかわいいペンダントを見付けたので、試着してみたときのことです。

たとえブカブカの帽子でも被って着飾ると褒めてくれるなら、ちゃんとしたサイズで素敵な装飾品を身に付けたら、きっといっぱい褒めてくれるだろうと思って期待した私ですが・・・

d947.jpg

d948.jpg

d949.jpg

d950.jpg

d951.jpg

d952.jpg

d953.jpg

d954.jpg

d955.jpg

Dは、前回と同じ反応でした。とっても冷静に「かわいいね」と褒めてくれたのでした。やっぱり人間の感性がわからないから、私が着飾ったときは気を使ってくれて、毎回一様に褒めてくれるっていうことかな?って、このときは思いました。

Dは脳内会話が出来ないので、お店ではDと話せないので、アパートに帰って来た後でDにそう尋ねてみました。

d956.jpg

d957.jpg

d958.jpg

d959.jpg

Dは、言葉足らずなのか、それとも饒舌なのか・・・でもこういうときにDは、いつも私をドキドキさせる甘いことを言うのでした。

そして、それより後の出来事なのですが、仕事関係のパーティに出るために着飾ったときのことです。大きくて豪華な祝賀会なので、私もドレスアップして行くことにしました。

美容院で髪をアップにしてもらった後、ドレスを着て鏡の前で確認してみました。私、ドレスが大好きでして(詳細は過去記事「Dの絵(6)」参照)、お洒落をするのも好きなので、嬉しくって鏡の前でキメポーズをとってみました。調子に乗っている私です。は、恥ずかしい奴・・・!!!!!

d960.jpg

d961.jpg

d962.jpg

d963.jpg

d964.jpg

d966.jpg

d967.jpg

d968.jpg

そのときまで、Dは無表情で褒めてくれているとばかり思っていたのですが、良く見てみると、なんと・・・!!
なんとDは、うっとりと嬉しそうな表情をして褒めてくれていたのです・・・!!

このときようやく私は、私が着飾るとDが喜んでくれるのだということを知りました。(そうDが言っていることを信じました)

以下の漫画は、私が新人ちゃんの件と自分の仕事が重なるなどして、とっても忙しくてボロボロになっていたときの出来事です。会社に泊まり込んでほとんど寝てなくて、やっとアパートに帰って来れたところのシーンから漫画を描いてみました。

前述しました通り、私はお洒落をするのが好きで、Dは私が着飾るのを見るのが好きです。そして私は、仕事が忙しくて会社に泊まり込むなどしてお風呂に入れなかったときは、ちょっと嫌なのですが・・・そういうときの私の汚れた体にDを触らせるのも、Dがかわいそうだと思っていまして・・・

d969.jpg

d970.jpg

d971.jpg

d972.jpg

d973.jpg

d974.jpg

d975.jpg

d976.jpg

d977.jpg

d978.jpg

とっても疲れていたせいで、ウルッときてしまいました。Dが喜ぶようなお洒落もしてないし、着飾ってないし、むしろボロボロなのに、そんな風に褒めてくれるなんて思ってなかったので・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。

以前Dは、私の精神に惹かれて私に近づいて、それで今も傍にいると言っていました(詳細は過去記事「Dの絵(23)」参照)が、物理的な外見とは関係無い精神的な部分においても、Dは私のことを魅力的だと思ってくれているんじゃないかなと・・・愚かしくもうぬぼれている私です・・・ほあああああ!!!!!(((((*≧ω≦*)))))!!!!!

とか言って、年を取って外見が衰えたらアッサリ捨てられたりして・・・(´▽`:A(汗)そのときはブログに書きますので笑ってやってください・・・
でもなんとなく、精神さえ「私」でいる限り、100歳になっても傍にいてくれるような気がします。願わくは、ずっと一緒にいたいなあ。

御閲覧ありがとうございましたあああ!!m(*_ _*)m!!

新人ちゃんのお父さんと私のお父さん

前回の記事を投稿した29日ですが、仕事が立て込んでアパートに帰って来れず、また会社に泊まり込んでしまいました。更新すると言っていたのに・・・とんだ詐欺をブチかましてしまって、本当に、大変申し訳ございませんでした!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!

今日(もう日付回っているので昨日ですが、30日に)自分のアパートに帰って来れました。ちょっと疲れたので明日・明後日と2日間の有給をもらいました。お休みの間は、いっぱいDと一緒にいようと思います。ここ最近、ずっとDは私に気を使って、見やすい(見るのに疲れない)ペットの姿でいてくれたので、もう人間の姿で大丈夫だよって言っていっぱい遊んであげたいです。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。

ここ最近、どうして私がこんなに忙しかったのかというと、自分の仕事に加えて新人ちゃん関係でも動いていたからで、何故新人ちゃん関係のことが最近忙しかったかというと、6月いっぱいまでは新人ちゃんはうちの課にいてもらうことが確定していて(詳細は過去記事「Dの絵(32)」参照)、その後別の課に移動という話になっていた(詳細は過去記事「Dの絵(34)」)から、新人ちゃんをうちの課に残しておいてほしいお父さんは、6月いっぱいの期限が切れる前に上司さんを説得したくて、それでこの6月末はうちの課に対するお父さんからの異動反対アプローチが激しかったからなのでした。

でも6月も終わり、ようやく決着がつきました。前回の29日の記事からの出来事を、時系列に従ってご報告させてくださいませ!!m( _ _;)m!!

新人ちゃんは、29日は丸勤(朝から夜まで一日間勤務)だったので、私は朝、新人ちゃんを車で迎えに行きました(詳細は過去記事「中途半端で申し訳ございません!!」参照)。新人ちゃんは最近放っておくと会社に来ないで休んでしまうので、私が自分の業務に差し障らないときは、新人ちゃんを家まで迎えに行って、会社に送り届けていたんです。

そうやって29の日も新人ちゃんの家に迎えに行くと、いつものようにお母さんが出迎えてくれました。その数日前に、お父さんが新人ちゃんの件で会社に抗議しにいくと言っていた(詳細は過去記事「新人ちゃんのお父さん」参照)ことを私は思い出したので、出迎えてくれたお母さんに対して「お父様ですが、もしこの後お時間おありでしたら、今から会社にいらっしゃいますか?お父様も乗っていかれたらどうですか?」と、お母さんに尋ねてみました。するとお母さんが言うには、お父さんは具合が悪くて横になっているから無理だと言うのです。どうやらお父さんの体調不良は本当のことだったようで、24日には特に激しい動悸とめまいと吐き気に襲われて病院にまで行って、しかもそのまま一泊二日の入院をしたそうです。たしかに電話ではお父さんは体調不良だと言ってました(詳細は過去記事「新人ちゃんのお父さん」参照)けど、私、てっきり仮病だと思ってまして・・・もしくは、せいぜい血圧上がってふらついたのを大袈裟に言っているだけかと思って・・・会社に文句言いに行くって啖呵切っちゃったけど行きにくいから病気で行けないことにしよう、みたいな感じかと思っていたので、とっても申し訳無く思いました。

入院中にMRIまで撮影して調べたそうですが、糖尿気味であること以外は別に体に異常は無いと言われたそうです。でも、お父さんは今でも動悸とめまいと吐き気に悩まれているそうで、むしろ検査の結果何も出なくて症状の原因は不明ってことで余計に心配になってしまったそうで・・・

・・・それで、私、ピンときたんですが・・・もしかして、それって心労によるものなんじゃないかなあ?って思うんです。体の不具合じゃなくて、心の不具合によるものなんじゃ?なんかパニック障害っていう病気が、そういう症状があるんじゃなかったかなって・・・だから、もしお父さんが体の病気だと思って心配しているなら、教えてあげたほうがいいと思うんですが、言ったら余計に気を悪くされるかなあとも思って、とりあえず新人ちゃんに「もしかしてパニック障害みたいな心の不具合なんじゃないかなあ?」ってそっと耳打ちしておいたんですが、新人ちゃんがお父さんに伝えたかは不明です。

でも、体にしろ心にしろ、お父さんは具合が悪くなるほど新人ちゃんのことを心配していたんだなあって・・・

その体調不良(精神的な心労?)により、結局お父さんは会社には来ませんでした。電話口でお父さんがバリバリ戦う姿勢で上司さんにまくし立てて、その話し合いの場に私(さゆ)も出席させろと指名してきた(過去記事「新人ちゃんのお父さん」参照)ので、嫌だなあ~関わりたくないなあ~来ないでほしいなあ~ってすごく思っていたので、お父さんが体調不良になって来れなくなったって知ったときはホッとしちゃったんですが、本当に具合が悪くて来れないということだと、やはりちょっと心配になります。うう・・・複雑な気持ちです・・・

お父さんはお父さんなりに新人ちゃんのことを大切に思っていて、うまくいかない新人ちゃんを心配していて、それで心労がたたったんじゃないかなあ・・・と思うと、お父さんが可哀想に思えました。でもお父さんのために新人ちゃんやSや上司さんやY先輩や私が迷惑を被ったと思うと・・・でもお父さん不器用な人なのかもしれないし・・・でも・・・うーん・・・

そしてやはり、予想した通りに新人ちゃんの件で上層部からの呼び出しがありました。新人ちゃんを一人で行かせるのは心配だったのでSと私も同行しました。たった5人での話し合いなのに、部屋が空いてなかったり都合が悪かったりして、一番広い第一会議室で話すことになりました。てっきり人事課の人が待っていると思ったら、理事もいました・・・ヒ、ヒエ~あわわ、なんで?なんで理事??(((゜◇ ゜;))) 理事なんて、私ここで働いてもう3年目になりますが、直接話したのは面接のときしか無いんです。あのときは私、目立とうと思って色々派手なことをしでかして、いっぱい笑ってもらったんですが・・・今回は笑いをとってどうこうできるわけじゃないし・・・う・・・うう

とか思って内心冷や汗かいてたら、理事がニッコリと微笑んでくれました。緊張した私は、ンニ・・ニ、ニコ・・・みたいな引きつった笑みを浮かべてしまいました。そうしたら、「アルカイック・スマイルかい?」ってDの声が聞こえました。私の影の中でくすくす笑っているDの声を聞いていたら、なんか緊張がほどけました。

そ、そうだ、緊張で固まってる場合じゃない、って私は思い出しました。そのまま理事の威圧感にのまれていても仕方無いので、私は、新人ちゃんはお父さんの具合が悪かったので心配で少々神経質になり休みがちだったと説明し、これからは彼女はやむを得ないとき以外は欠勤しない心構えであると説明しましたが、本当なの?って理事に尋ねられた新人ちゃんは、自主退職する所存を申し出てしまいました。そ、そんな・・・!!私は驚いて、退職するほどの失敗ではないから、まだ新人なんだからこれから挽回できると言いましたが、彼女はもう疲れてしまったと言いました。ここまでが昨日の出来事です。

そして今日、私は別件で動いていたので詳細は知らないのですが、その自主退職の件を聞いたお父さんが、今日の午前中にうちの課に電話を掛けてきたそうです。その電話はY先輩が対応してくださったとのことです。「自主退職の申し出は取り消すので、うちの課からも人事に掛け合ってくれないか」という内容だったそうです。でも退職の件は新人ちゃんが直接理事に言ってしまったので、今更取り消すことができるのかなあとも思いますが、うちの課としては一応人事に新人ちゃんの自主退職取り消しの意向は伝えるということと、本当に取り消すなら新人ちゃんが直接上層部に掛け合ったほうがいいですよ、とY先輩が電話ごしにお父さんに伝えてくださったそうです。

こういうときY先輩は大人だと思います。社会経験も人生経験も豊富なんだなあって思います。Y先輩なんて普段は課内で一番怒りっぽいのに(詳細は過去記事「会社の絵(1)」「クリスマス」参照)、毎日誰かを怒鳴ってる(怒鳴るのがデフォルトっていうか、もはや日常茶飯事すぎて全然怖くない)のに、外部の人には完全に線を引いて冷静な対応をするからすごいと思います。

そしてさっき6月が終わりました。もう今は7月1日です。なのでこれでもう、うちの課は新人ちゃんに対してノータッチということになります・・・あとは上層部と新人ちゃん(のお父さん)との話し合いということになると思います。

Y先輩の説明により、もはや新人ちゃんの問題はうちの課にとどまらず上層部の管轄になったということを理解したお父さんは、それきりうちの課に電話を掛けてきません。

こうして、私が何の役にも立てずに一人でジタバタしているうちに、事態は上層部の力で収束に向かっているのでした・・・

問題がうちの課から離れて平和になった今、本当に私は無力で無能な小娘だな・・・ってちょっと無力感というか、脱力感があります・・・私は頑張ったけど、何の役にも立たなかった・・・

こんなに私、一人でバタバタして、勝手に悩んで、周囲に迷惑かけて、空回りして、ブログもいいかげんになって、何とか解決しようとしたのに、結局私の力では何も出来ず・・・そして今まで全くノータッチだった上層部が機械的に対応することで、皆が納得する形へと上手に決着がつこうとしている・・・ホント私、無駄なことして周囲に迷惑かけただけなんだな・・・

しかし、新人ちゃんの件が、まさかこんな長く大事なゴタゴタになろうとは思ってませんでした・・・そして今回の新人ちゃんの件では、自分の問題点がよくわかりました。

私の具体的な問題点は、「適切に叱る(怒る)ことができない(詳細は過去記事「Dの絵(34)」参照)」ということだと思います。叱る(怒る)というか、相手を傷付けそうなことが怖くて言えず(出来ず)、逃げてしまうのです。理由はうすうすわかってます。多分、お母さんが自殺したから、叱ったり怒ったりして相手が万が一にでも自殺しちゃったらと思うと、怖くなってしまうのです。

もう一つ気が付いたのは、過去記事「Dの絵(35)」にも少し書かせて頂いたんですが、私は新人ちゃんのお父さんに対して、憎しみに近いイライラした怒りがわいてくる感覚がありました。過去記事「Dの絵(35)」で、心が黒く染まるような嫌な気持ちと言ってますが、それのことです。怒りとか憎しみとかそういう酷い気持ちです。そういう気持ちを、私は、新人ちゃんのお父さんを見ていると感じたのです。
そんな気持ちを感じたのは、多分、新人ちゃんのお父さんを見て、私のお父さんのことを思い出したからです。私のお父さんは、私にとって世界でたった一人の嫌いな人物です。というか、世界中の嫌いな物や人を全部集めても、お父さんに対する嫌悪感にはかなわないのです(詳細は過去記事「暴走(私の)」参照)。お父さんに対する嫌悪感に比べれば、他の誰かに対する嫌悪感なんてどうでもいいと思えるくらいに、私は自分のお父さんを嫌っているのです。

今回の件で気づかされたのですが、要するに私は、自分の過去の「お父さん」と「お母さん」に対するワダカマリを克服できていないのです。とんだ未熟者の小娘なのです。

こんな私に仕事を教わらなきゃいけない新人ちゃんも、私に新人ちゃんを任せなきゃいけないお父さんも、嫌だっただろうなあ不安だっただろうなあって思います・・・そう思うのも当然ですね・・・

私は、私のお父さんに関しては、死ぬまで関わらないでいたいと思ったけど・・・自分が苦しまないためには、ちゃんと向き合って克服すべきなんだと思います。そうじゃなかったら、私はいつまで経っても人を傷つけるのが怖くて他人に対してもう一歩を踏み出せないままなんじゃ・・・って思います。

新人ちゃんは私とは育った境遇が違います。ですから私とは違った考え方を持っています。世の中の人は皆自分の人生観や仕事観やそういった自分独自の理念を持っていて、それぞれが違う考え方だからこそ社会は発展するし経済は回っていくし需要と供給が成り立つんじゃないかなあと思っているんですが・・・

新人ちゃんが私に、先輩は強いし頑張れる人ですからって言ってくれたことがあるんです。それを聞いたとき、そんなことないよって思いました。私は強くもないし頑張れもしなくて・・・ただ私には親や金が無かったから、努力しないと生きていけなかったから、みっともなくジタバタしてきただけで・・・第一、別に強くなる必需性が無い環境で暮らしている人は、強くなくても生きていける環境にいる人は、別に強くならなくても良いと思います。
なんか、私が我武者羅にやっちゃうタイプだから、新人ちゃんに不必要なプレッシャーかけてたのかも・・・それに新人ちゃんはお父さんに庇護される生活と引き換えに苦労していることがあって、たとえば親に従順でなくてはならず自分の望みを捨てなくてはいけないとか、お父さんとは関係無い仕事をしたかったけど許してもらえなかったとか・・・

今まで、もし私が自分のお父さんのもとを飛び出していなければ、私はお母さんのようになっていただろうと思ってました。でも、もしかして、私が自分のお父さんのもとを飛び出していなかったら、新人ちゃんのようになっていたかもしれないって、少し思います。お父さんに支配されて身動きの取れない新人ちゃんは、私があのときお父さんのもとを飛び出していなかった場合の、私自信の姿だったかもしれないって思います・・・

何にせよ、私は自分のお父さんと対決しなくてはいけないと思いました。でも、まだ自分の中で考えがまとまってないので、まだお父さんに会って対決するのは無謀なので、ちゃんと自分の中で考えをまとめてからでないといけません。お父さんとお母さんのことは克服してやります。すぐには克服の必要は無いと思うけど、そのうち・・・例えば部下を持つ前の条件として等、必要になるときがくると思うからです。

そのときは、Dに見守っていてほしいと思います。見ててねD、私頑張るよ。

どうかお客様、こんな愚かなさゆの野郎が何とかかんとかあがいて頑張っている様子を、これからも見てやっていてくださると嬉しいです・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。最近、全然更新出来なくて、大変申し訳ございませんでした!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。それなのに来てくださって、あまつさえ拍手まで下さるなんて・・・!!ありがとうございますありがとうございます・・・!!応援してくださってるううううう!!!!!って思ってすっごく励みになりました・・・!!!!!。・゚゚・m(゚´Д`゚)m・゚゚・。本っ当にありがとうございましたあああああ!!!!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!!!!
プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR