FC2ブログ

白い百合

過去記事「ぽかぽか」の続きを書こうと思っていたのですが、元彼が来てしまったので今日の出来事を書きます。

元彼がまたアパートの前で待っていました。日曜なので仕事が休みだったようです。ここ数日、元彼からメールが何件か来ていたので、ホワイトデー近辺に元彼が来訪する可能性は考えていました。

彼はバレンタインのときと同じく、アパートの玄関先に立っていました。このアパートはセキュリティが厳しく、外の扉がオートロックで施錠されるので、鍵を持っていないとロビーにすら入れないのです。

元彼「・・・これ、ホワイトデーのプレゼント」

前回と同じく、彼は紙袋を差し出してきました。

私「受け取れないよ。もう別れたからね」

私は口元に笑みを浮かべて、首を振りました。

元彼「お前の中ではもう別れて、終わったことになっていても、俺の中では終わってない・・・」

私「バレンタインの日に、▽▽(元彼の名前)は恋愛関係が終わったことに同意して、もう会わないって約束したよ?」

元彼「それでも、どうしても会いたくなって、気持ちが抑えられなくて・・・」

しょんぼりと元気無く、元彼が呟きました。今までだったらここで可哀想になって、ごめんねごめんね、そんなに会いたかったの、そんなに悲しくて寂しい思いをさせて本当にごめんね、とか言いながら復縁してしまったはず。

落ち着いて息を吸って・・・こんなときは・・・そうだよ、Dだったら冷静に言うはずだよ、自分の感情にも相手の感情にも流されず、淡々と現状を指摘して・・・

私「じゃあ、自分の気持ちを優先して、大切な約束を破ったわけだね。自分勝手だね」

元彼「・・・お前」

驚いたような顔をして、元彼が呟きました。

元彼「・・・変わっちゃったな・・・もっと人の気持ちを大切にする優しいやつだったのに・・・」

うまくいきそう!このまま私のことを嫌いになって、二度と関わらないでくれるかも。

私「そうだよ。私はこういう人間だよ」

元彼「・・・・・・」

元彼はしばらく黙って、それから手にしていた紙袋を上下逆さまにして振りました。中からは何も落ちてきませんでした。カラだったのです。

元彼「本当は、ここに来る前から、もう駄目だろうなってわかってたんだ」

私が受け取らないとわかっていたから、カラの袋を持ってきていたのです。

元彼「俺が悪かったんだよな。俺から別れようって言ったんだし・・・」

今までとは違って、元彼は怒鳴りませんでした。怒ったりも泣いたりもせず、むしろ少し笑っています。

元彼「もう復縁しろとか言わないし、二度と会わないって誓うよ。だから最後に、一度だけ抱きしめさせて・・・」

その言葉と同時くらいに、いきなり私のすぐ目の前に、毛虫が糸にぶらさがって下りてきました。

私「ぎゃっ!!」

びっくりした私は、慌てて後ろに飛びのきました。背中に扉があたりました。私を抱きしめるためにのばされた元彼の腕は、私に届かずに終わりました。

よく見れば毛虫は透き通っていて、天井から生えている透き通った蔓から下がっています。その蔓には見覚えのある花が咲いています。幻の薔薇です。だいぶ開いた元彼と私との間に、ふわっと黒いモヤが姿を現し、それはこちらを向いたDの姿になりました。

私の過剰な反応に驚いた顔の元彼の姿が、透き通ったDの向こうに見えます。Dは、私に向かってゆっくりと首を振りました。

私「・・・私、もう付き合ってる人いるから」

元彼「は、マジで!?・・・え、俺の知ってるやつ?会社のやつ?」

私「違うよ」

元彼「どんなやつ?」

私「しっかりした性格だよ。いつも冷静で、いろんな意味で強いと思う」

元彼「あ、そうなんだ・・・」

この会話をしている辺りで、アパートの住人が帰ってきました。どこの部屋の人かわかりませんが、スーツを着た30代くらいの女性です。仕事帰りでしょうか。私達二人が気になるらしく、ポストの所からこちらをチラチラ見ています。

元彼「・・・わかった。もう会わないし、メールもしない」

しばらく新しい彼(Dのこと)について話しました。主に、私を助けてくれたことに関してです。そのうちに、元彼のほうから別れを切り出してきました。

私「うん。頼むよ。今までありがとう。じゃあ、本当にさよなら」

元彼「じゃあな。幸せになれよ」

私「ありがとう。▽▽もね」

元彼が立ち去ると、スーツの女性も去っていきました。もしかして私のこと心配してくれてたのかな?



私「ほら、今回はポストの中身を忘れずに持ってきたよ」

部屋に帰ってきた私は、ドヤ顔を決めながら、Dに向かって郵便物を見せました。

D「よく頑張ったね。上手に和解に持ち込んだよ。見事だったよ」

うなずいたDが、私の頭を撫でてくれました。

私「ありがと!」

Dに抱き付くと、ぎゅっと抱きしめてくれました。Dの服ごしに温かい体温が感じられます。あったかいな。優しい手が頭を撫でてくれます。気持ちいいなー・・・
しばらくそうしていて、やがてDは、そっと私の手をひいてベッドに座らせました。

D「彼とのことを、すっかり克服できたようだね」

口元に笑みを浮かべたDは、私の足元の床の上にひざまずく姿勢で座りました。

D「楽園に新しい花が咲いたよ」

ふわふわっと、Dの足元から広がるように、床の上に蔓が広がり、そこに薔薇の花が咲いていきます。その中で一本だけ、すらっと床の上から真っ直ぐに伸びた茎が、百合のような花をつけています。

私「百合・・・って、もしかして、あのときの宝石みたいな種?」

D「そうだよ」

以前元彼と決別した日に、宝石みたいな種になった百合です。(詳細は過去記事「克服」参照)あの種をDは楽園に埋めると言っていたけど、それが花をつけたんだ。

床を覆う蔓に咲いた沢山の薔薇に囲まれて、百合の花はすらっと立っています。氷砂糖のように真っ白で透き通っていて、水滴がついているのかキラキラ光っています。とっても綺麗です。

私「綺麗だね・・・」

D「君が咲かせたんだよ」

私の手に手を重ねて、Dが静かに囁きました。

D「ここで、君の楽園で永遠に咲き続けるよ」

そよ風が吹いて、百合の葉がさらさら揺れました。白い花びらはいっそうキラキラ光りました。



私「ところで、さっきの毛虫はすごくびっくりしたんだけど・・・」

いきなり目の前に、つーって下りてきたんだもん。

D「すまなかったね。緊急事態だったから、咄嗟に君を移動させる方法が他に思いつかなかったのさ」

なんかデジャヴュだなあ。同じようなセリフ、前にも聞いた気がするんだけど。あ、あのときだ。お風呂でラッコみたいな精霊に出会ったときだ。(詳細は過去記事「お風呂」参照)

私「・・・あの毛虫、精霊なの?」

D「いや、あれは僕が作った幻視だよ」

やっぱりそっか。Dが他の精霊の協力を仰ぐとは思えないもんね。Dは虫とかの、私が苦手なものを幻視として見せることもできるんだね。まあ当然か。

私「本当に苦手なの。嫌いなの。すごく嫌いなの」

D「嫌い・・・すごく、嫌い・・・」

Dは口元の笑みを消して、私の言葉を復唱しました。

私「もう毛虫は見せないでね。イモ虫はもっと嫌いだから絶対に見せないでね」

Dは私の記憶を読めるから、私が苦手なものは大体わかってると思うけど・・・

D「見せないよ、見せないよ、もう絶対に見せないよ」

ふるふると首を振って、Dは一生懸命に否定しました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR