FC2ブログ

従僕ごっこ

お風呂から上がって部屋に戻ると、ベッドに座って待っていたDが、嬉しそうに顔を上げました。

私「Dって、かわいいよね」

そう言いながらDの隣に腰を下ろすと、Dはくすくす笑って、そっと私の頬に手を当てました。

D「かわいいのは、さゆだよ」

そうかなあ、かわいいのはDだと思うけど。でもDから見たら私もかわいく見えるのかな。だったら嬉しいな。

D「さゆが温かくなっているね。安心したよ」

帰り道に雨が降ったせいで体が冷えたことを、Dは心配してくれていたのです。お風呂に入って温まった私の肌を、Dは嬉しそうに撫でています。

D「それに、甘くて良い香りだよ」

私の頬を触っていた手が、ゆっくりと肩まで下りました。Dが、私の首元に顔を寄せてきます。右の首筋にやわらかい感触と共に、ちゅっと小さな音がしました。Dがキスをくれたのです。しめった温かい息が、私の首筋をくすぐります。

私「ふふ、くすぐったいよ」

ふわふわしたキスは、優しいけどくすぐったくて、ぞくぞくと鳥肌が立ちました。Dはおかまいなしに首筋へのキスを繰り返しています。かわいかったキスの音が、だんだん濡れた音になってきて、やわらかい舌がゆっくり首筋を下がり始めました。

私(う・・・)

少しずつ体重をかけてきたDによって、私はついにベッドにもふっと横になりました。それに合わせてDも、口での愛撫を続けながら私の体の上にかがみ込んでくれました。

私(・・・・・・)

気持ち良さで頭がふわふわして、どきどきしている心音が頭に響きます。ちょうど心臓の上あたりにあるDの頭を、手探りでなでてみました。さらさらしたDの髪が指の間をくすぐっていきます。

私(・・・きもちー・・・)

ぼーっとしながらDの髪を撫でていると、Dの口の感触だけではなくて、Dが口を動かすたびに動く前髪が、時折さらさらと胸をくすぐる感触も感じます。

D「ほらね。かわいいのは、さゆだよ」

私(・・・?)

かわいいのはDだと思うけど、Dにとって私がかわいく見えるなら嬉しいなあ。



まだふわふわした頭のまま、私は紅茶を飲みました。ベッドに腰掛けている私のお腹には、背後に座っているDの両腕が回されています。

私「明日はお休みだよ。何しようか。どこか行きたいところある?」

とりあえず、今日は夜更かししちゃおうかな。それで、明日は寝坊しよう。最近カラスが全然いなくなって、朝ゆっくり眠れるようになったんだよね。

D「さゆと一緒なら、どこでも楽しいよ」

くすくす笑いながらDが言いました。私のおなかに回されている両腕に、そっと力が込められて、Dのお腹が私の背中にぎゅっとくっつきました。

私「なんか天気が良くないみたいだよね。前回のお休みも雨だったけど」

だから前回はグエルチーノ展に行ったんだよね。(詳細は過去記事「グエルチーノ展」参照)雨だからすいていて、ちょうど良かったっていう。

私「衣替えもしたいと思ったけど、雨の日にすると湿気が気になるよね。そうだ、携帯電話用ケーブルを買ってこようかな・・・」

今までDの絵を描きたいと思っていて(詳細は過去記事「絵を描きたい」参照)、少し描いてみたので、ブログにアップしたいなと思ってたんです。携帯で撮影して専用ケーブルでパソコンに入れようかなと思って。

私「電気屋さんに行けばいいのかな。携帯ショップさんかな。まあ両方行けばいいか。あとは・・・衣替えは雨だから延期して・・・部屋の模様替えは・・・うーん・・・」

D「さゆ」

考えていると、急にDの手が、私の脇腹をくすぐったく撫でました。

D「構っておくれ」

私「くすぐっ・・・あはは!Dっ!くすぐったいよ!」

じたばたとベッドの上でもだえると、すぐにDはくすぐるのをやめました。

私「くすぐったりなんかして、Dってばもう。だめでしょ」

私はツンと横を向いてみせました。そういう演技だとわかるようにです。もちろん怒ってなんかいません。だめなわけないのです。

D「おや、さゆのご不興を買ってしまったよ」

そう言いながら、Dはくすくす笑いました。私が怒っているわけではないと知っているからです。私の言葉や態度が冗談で、それが一種のいちゃついた遊びなのだということを、Dは知っているからです。知っているどころか、Dはそういう駆け引きめいた遊びが大の得意です。私を後ろからだっこしたまま、頬をすり寄せてきました。

D「ご機嫌を直しておくれ、僕の眠り姫」

Dは、甘い声で囁きました。そして、私の首筋に唇を当てたまま口を開けて、濡れた舌を押し当ててきました。

私「っ・・・、駄目だよ、直らないもん」

ふふっとDが笑った息を首筋に感じました。まだ私の首筋にDが口を当てていたからです。ようやく、くすぐったい舌が首筋から離れました。でも、その舌はすぐに私の耳に触れました。わざとらしく甘い声で、甘い舌が再び言葉を紡ぎはじめました。

D「かわいい眠り姫、許しておくれ。僕はどうやって償えばいいんだい?」

甘い声が耳から脳に響きます。言葉の意味こそ謝罪ですが、申し訳無さそうな素振りは全く無く、その口調は甘くて思わせぶりです。まるでベッドに誘うときの声みたい。

私「っ・・・」

私は言いよどみました。こういう駆け引きではいつもDに押されてしまいます。何故なら、そういうとき私は何と返したらいいのか、緊張と恥ずかしさで混乱して、うまく思いつかないからです。

私「あ・・・眠り姫、は・・・」

・・・・・・

・・・眠り姫は? 眠り姫は何なの!?
私は自分で自分にツッコミを入れました。ああ、うまく言葉の駆け引きが出来ない!!

D「そうだね、姫君に対する従僕の態度じゃないね」

でもDはすぐに答えてきました。くすくす笑いながらベッドから床の上に降りて、私の足元にひざまずきました。いつもより口元の笑みを深くして、こちらを見上げています。

D「許しておくれ、僕の眠り姫」

私「わ、わ、ごめんね、謝らないで」

反射的に私はあわててしまいました。Dは楽しそうです。きっと私の挙動不審な反応を見て楽しんでいるのです。

私「ごめん、床なんて、ベッドにおいで、こっちおいで」

私は手を差し出しましたが、Dは自分の目の前にある私の足に手を置きました。

D「僕は従僕だよ。床で充分だよ」

舌なめずりをしたDが、今度は、足に口づけを落としはじめました。

私「っ!!」

足に唇が触れる感触は、何度されても慣れない感覚です。私は唇を落とされるたびに、びくっと小さく動きました。

私「あ、足なんか・・・!!手とかにしたほうが!!」

私は足をベッドの上に引き上げようとしましたが、Dの手で足を押さえつけられてしまいました。

D「畏れ多い女王陛下には、その手に触れることすら、従僕には分不相応だからね」

ぜ、絶対嘘だよ・・・!!前にD、女王陛下の手にキスすることは許されるって言ってたもん!!それに、だいいち、女王陛下の足を押さえつけてキスすることのほうがアレだと思う・・・!!

D「女王陛下のご機嫌を損ねてしまったことは、本当に心が痛むよ」

少しも心が痛んでない様子で、Dは私の内ももに甘く噛みつきました。すぐに口を離して、同じ場所をゆっくりと舐め上げます。やわらかい舌を使って、思わせぶりに何度も舐めています。

D「だから、許して頂けるように、沢山謝罪の意思を表さないとね」

私「わ、わかったよ、もう、ご、ごめんってば、ごめんなさい」

もう自分でも何を謝っているのかワケがわかりません。足を愛撫するDの舌が、どんどん上のほうに上がってくるのを感じて、私は思わずDの頭を両手で押さえつけてしまいました。動きを止めたDがくすっと息をこぼしました。

D「僕の女王陛下は、素直じゃないね」

なっ・・・!!だって、こんなの全然女王陛下に対する態度じゃないもん!!

私「D!!そこに座りなさい!!」

私は、びしっと人差指を付きつけました。Dは、従順にひざまずきました。全くいつも通りの落ち着いた様子で、口元にいつもの笑みを浮かべて、こちらを見上げて私の言葉を待っているようです。

私「・・・・・・」

私は何も言えませんでした。だって、Dは何も悪いことをしてないのです。Dは私といちゃついてくれていただけです。私が勝手に恥ずかしがって、それで勝手に頭に血をのぼらせただけです。

私「・・・あ・・・あの・・・音楽でも聴こうか。何がいい?」

何を言うか困った私は、卑怯にも話題を変えました。

D「いいね。バッハのフーガのト短調なんてどうだい?」

Dは、そんな私を責めもせず、私の好きな曲の一つをすすめてくれました。CDプレイヤーをかけると、聞きなれた曲が始まりました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR