FC2ブログ

只今帰りました・・・m( _ _;)m!!

大変申し訳ございません!!!!!仕事で会社に泊まり込んでました!!!!!m( _ _;)m!!!!!

うちの社内じゃないんですが提携しているチームでトラブルが起きて、納期に間に合わないかも・・・なんて恐ろしい事態が発生したので、うちの課のメンバー総出で取り掛かってました!!
普段やらない管理業務も少し担当したので、ここ数日夜間の時間帯に起きて勤務していたせいで、ちょっとまだ昼間なのに眠いっていう、嫌な感じです・・・ほげえ!!(´▽`;(汗))!!

でも、やってやりましたとも!!めっちゃ忙しかったけど結果オーライです!!業界内でうちの会社の株を上げ、社内でうちの課の株を上げる良い機会になりました!!個人的にも時間外手当と休日手当というお金もドカンとせしめてやりましたし!!こういうトラブルのときにササッと駆けつけてパパッと対応できるのがうちの課ですよ!!この機動力!!どーだ見たか二課よ!!これが一課の実力だああああああ!!次のコンペもうちが頂くううううう!!

疲れているのと、やっと泊まりから解放された気分で、ちょっと変なテンションです。

アカリさん、ルリさん、せっかくコメントをくださったのに、お返事がこんなに遅くなってしまって本当に申し訳ございませんでした・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!土下座させてくださいませ!!!!!m( _ _;)m!!!!!

こんなダメブログに来てくださったお客様!!めりこみ土下座をさせてくださいませ!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!額で床を割ってめりこみます!!めりこみ土下座いきます・・・!!\m( _ _;)m/バキバキメキイイイイイ!!

会社に泊まり込んでいる間に、こっそりちびちびと書いた漫画があるのですが、時間が無かったのと疲れていたので、大変見苦しい感じの出来になっております。しかもDとは全然関係無い漫画で、誰も知りたくないだろっていう私の過去が、暗いテンションで描かれた、読むと損する漫画です・・・

とっても暗くてつまらなくて絵も内容もひどい漫画です!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!m( _ _;)m!!

ブログにアップするか迷ったんですが、せっかく描いたので投稿してみます。でも酷い漫画なので追記に収納しておきます。読んでくださるおかたは、下↓にございます 「追記を読む」 をクリックしてくださいませ。続きが出てまいります。m(*_ _*)m



課総出で会社に泊まると、いつも炊飯器でお米を炊いて、おむすびを作るのです。作るのは大抵私です。おむすびを作り慣れているからです。

d1003.jpg

d1004.jpg

d1005.jpg

d1006.jpg

d1007.jpg

d1008.jpg

d1009.jpg

d1010.jpg

d1011.jpg

d1012.jpg

d1013.jpg

d1014.jpg

d1015.jpg

d1016.jpg

d1017.jpg

d1018.jpg

給食管理の栄養士さんも、学校の先生も、私の境遇には同情してくれて、何かと親切にしてくれるのでした。

d1019.jpg

d1020.jpg

d1021.jpg

d1022.jpg

d1023.jpg

友人も、とても親切にしてくれました。

d1024.jpg

d1025.jpg

d1026.jpg

振り返ってみるといつも私は周囲のかたがたに親切に気を使って頂いて、とても恵まれていたように思います。友達も、先生も、みな親切にしてくれました。やんちゃな男の子には、ボロボロの服をからかわれたり石を投げられたこともあったけど、そんな些細なことはどこでもあることです。彼らも大人になった今は、きっと会社で一生懸命働いたり、家族のためにサービスしたり、あるいは人知れず悩みを抱えていたりして、それぞれ頑張っているはずです。

天気の良い日には、私は小学校から帰ってきた後、マックスを連れてよく土手に行きました。景色が広くて解放感があって、あの広い土手に行くと自分の悩みなんてすごく小さいものに思えました。

d1027.jpg

d1028.jpg

d1029.jpg

d1030.jpg

d1031.jpg

d1032.jpg

d1033.jpg

d1034.jpg

d1035.jpg

d1036.jpg

d1037.jpg

貧乏だったけど、それなりに楽しく暮らしていました。そんなこんなで、数年が過ぎて・・・

d1038.jpg

d1039.jpg

d1040.jpg

d1041.jpg

d1042.jpg

d1043.jpg

d1044.jpg

d1045.jpg

私は一生懸命マックスを持ち上げようとしましたが、平均よりずっと小さい私には、それなりに大きい犬のマックスを抱えて歩くのは難しいことだったのです。いつも元気で力持ちのマックスが動けないことに、私は慌ててどうしたらいいかわからなくなりました。

d1046.jpg

d1047.jpg

動物病院は2キロほど先にありました。頭の悪い子供だった私は、そこまでマックスは歩けると思っていました。いつも元気で力持ちのマックスは、散歩が大好きで何キロでも歩いているから、このときも歩けるだろうと無意識に思っていたのです。馬鹿な子供でした。

d1048.jpg

d1049.jpg

d1050.jpg

マックスは10メートルも歩かないうちに、腹這いになって立てなくなってしまいました。

d1051.jpg

d1052.jpg

d1053.jpg

d1054.jpg

d1055.jpg

d1056.jpg

d1057.jpg

d1055.jpg

d1056.jpg

d1057.jpg

d1058.jpg

d1007.jpg

d1058.jpg

d1008.jpg

d1058.jpg

d1010.jpg

d1058.jpg

d1059.jpg

d1060.jpg

私がよつんばいになってマックスを運んでいると、後ろから私を追い越していった車が停まり、助手席から若い女性が下りてきました。

d1061.jpg

d1062.jpg

運転席から若い男性も下りてきました。

d1063.jpg

とても親切な人達でした。私の事情を聞いた二人は・・・

d1064.jpg

d1065.jpg

男性がマックスを車の後部座席に乗せてくれました。信じられないくらい親切です。吐瀉物と土汚れにまみれたマックスと私を後部座席に乗せてくれるなんて・・・でもそういったことに子供の頃はあまり気がつかなくて・・・大人になって車を持つ身になってみると、あのときの彼らがものすごく親切な人達だったのだということがよくわかります。

d1066.jpg

d1068.jpg

d1069.jpg

d1070.jpg

d1071.jpg

d1072.jpg

d1073.jpg

d1074.jpg

d1075.jpg

d1076.jpg

d1077.jpg

d1078.jpg

私は別室に連れていかれました。先生が「看護婦さん」と呼んだ女性は先生の奥様だったのです。私はそこで汚れた服を脱がしてもらい、先生のお嬢さんの服を着せて頂き、プリンとおにぎりを出して頂きました。要するに先生ご夫婦は、ご厚意で保護してくださったのです。

d1079.jpg

d1080.jpg

d1081.jpg

マックスはおむすびが大好きだから、いつものように1つずつしようと思ったのです。
プリンを食べ終わって、お茶も飲み終わって、病院に来たことでもうすっかり私が人心地ついた頃、部屋に女性が来て奥様に何事か告げると、私は奥様に連れられてマックスに会いに行くことになりました。

d1082.jpg

土と吐瀉物で汚れていたマックスの毛並は、とても綺麗になっていて、箱の中で横たわっていました。箱の中にはお花が入っていました。
マックスは、ここに来たときにはすでに死んでしまっていたのです。車の中で、私のひざの怪我を舐めてくれた後に、静かに死んでしまっていたのです。
先生はそれにすぐ気づいて、それでもマックスに自己紹介をしたり話しかけてくれたのです。
死因は解剖していないので不明です。大きい子だから胃捻転かもしれないねと先生は言いました。

私はひつぎの中に、もらったおむすびを2個入れました。

d1083.jpg

d1084.jpg

d1085.jpg

d1086.jpg

先生が慰めてくれました。その後で、奥様が家に連絡をしたので、お父さんが迎えに来ました。
お父さんのことをよく知らない人は、お父さんのことを格好良いとかイケメンだとか言います。顔が綺麗でスタイルが良いのだそうです。

d1087.jpg

私には、そんな風には見えません。

d1088.jpg

次の日、小学校から帰って来ると、ひつぎの中にマックスがいませんでした。おむすびとお花だけを残して、マックスがいなくなっているのです。

d1089.jpg

d1090.jpg

どこかに捨てられてしまったのだろうと思った私は、ゴミ捨て場に探しに行きました。そこそこ大きいマックスは、公共施設のゴミ捨て場には入りそうに無いし、そこら辺に遺棄するには目立ちすぎるからです。そして重いので、一番近いゴミ捨て場だろうと思いました。

d1091.jpg

d1092.jpg

d1093.jpg

ゴミをあさっていたら、お向かいの家のおじさんが話しかけてくれました。

d1094.jpg

d1095.jpg

d1096.jpg

とっても親切なおじちゃんなのです。

d1109.jpg

おじちゃんは軽トラを出して、私とマックスを乗せて山まで行ってくれました。お寺がくっついている山です。その山におじちゃんはマックスのお墓のための穴を掘ってくれて、マックスを入れてくれました。私はマックスの傍におむすびとお花を入れて、おじちゃんと一緒に土を埋めました。土を埋めるときに私が泣きだしたので、埋めるのはほとんどおじちゃんがやってくれました。

あれから何回かお墓に行きました。

d1097.jpg

d1098.jpg

d1009.jpg

d1010.jpg

d1099.jpg

d1100.jpg

d1101.jpg

d1102.jpg

d1103.jpg

d1104.jpg

d1105.jpg

d1106.jpg

d1107.jpg

d1108.jpg

私には大切なものが沢山あるから、それを守るだけの力が欲しいなあと思うのでした。友達、仕事、服、アクセ、本、そしてD・・・それらを守れるくらい強くなりたいのです。

とりあえずは大きい石を墓標に置いたのですが、おじちゃんが友達の石屋さんに頼んで、犬の形をした小さな墓標を作ってくれました。石屋さんはお寺事情に詳しいので、そのときマックスを埋めた土地がお寺のものだったことを知って、おじちゃんと一緒に和尚さんに謝りに行きました。そして土地とは必ず誰か所有者がいるのだということを知りました。

そして会社の泊まり作業のときはいつも、前回も、今回も、きっと次回も、私はおむすびを作るのです。

d1110.jpg

d1111.jpg

泊まり作業のときに、みんなの分のおむすびを作るのが好きなのです。

d1112.jpg

そして私は、誰かのためにおむすびを作れるっていうのは嬉しいなあ、と思ったのでした。

御閲覧ありがとうございました!!m(*_ _*)m!!

コメント

非公開コメント

No title

マックスさん…。
…悲しいお話でした。

さゆさんの想いの強さがいつも以上に伝わってくる内容の記事でした。
赤の他人ゆえ、何かを発言するのはおこがましいことではございますが…

どうかご無理をなさらない程度に、ご自身を鍛錬なさってください。
ご自身の大切なものを守る前に力尽きてしまわぬよう、どうかお気を付けください…。

マックスさんは大切な方だったんですね。

大変な過去をお持ちで、思わず泣いてしまいました、何となくマックスさんはDさんに似てますね。膝を嘗めるところとか、何となく、そう思いました。
でも、良かったさゆさんには沢山助けてくれる方々がいてとても読んでて安心しました。お節介をやくようですが体を大切にしてください(*´ω`*)私そこだけ心配してます(笑)あと、お仕事お疲れ様です。

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!共さーーーん!!ようこそお越しくださいましたあああ!!・:,。゚・:,。☆゚∩(*´▽`*)∩・:,。゚・:,。☆゚

すみません、こんな暗い話を投稿してしまいまして・・・今になってみると、なんでこんな話を投稿しようと思ったのか不思議です。普段の私だったら絶対に投稿しなかったと思います。多分、泊まり作業で疲れていたから、冷静な判断ができなくて投稿してしまったんだと思います。泊まり中におむすびを作っていたらマックスのことを思い出してしまって、それでこんな漫画描いちゃったんですけど、やめれば良かったな~冷静な判断ができてなかったな~と思います・・・

実は今になってみると、「この漫画で気分悪くなっちゃったお客様いないかな・・・ああ~どうしよう消そうかな~やっちゃったよ~あああ~」って心の中がブリザードでして・・・でも私、このブログは記録として書いている部分が大きいので、お叱り等がこなければ、この記事も記録の1つとして残しておこうと思っているんですが・・・でも描かなきゃ良かったって後悔してます・・・ほげえ・・・

ご気分、悪くされなかったでしょうか・・・すみませんでした本当に!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!

もし今後、お叱りや苦情などがきましたら、漫画は消すつもりなんですが、せっかく頂いたコメントは嬉しいのでそのまま残しておこうと思ってます!!・; :*:・。,☆゚'・:*:・。,(*>ω<*)・; :*:・。,☆゚'・:*:・。,

全然、おこがましいなんてことないです!!(((((*>ω<*)))))ブンブン!!(←首を横に振っています!!)
赤の他人ってこともないです!!友達です!!大好きです!!(*´▽`*人) ほあっ♡ 勝手に友達認定させて頂いております!!

ご心配してくださって、本当にありがとうございます・・・; :*:・。,'・:*:・。m(*_ _*)m; :*:・。,'・:*:・。
無理しないように気を付けます!!(*´▽`*) えへ☆ 私なんか、強くなりたいとか言っておきながら、結構テキトーに生きているんですが、共さんこそ真面目で他者に気を使われるおかたなので、ご無理なさらないようになさってください+. .。゚+..。゚+ (*´▽`*)+. .。゚+..。゚+

コメントありがとうございましたあああ!!゚゚゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。..。.:*・゚ヾ(@´▽`@)シ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!ルリさーーーん!!うぇるかむうぇるかむでございます!!。゚+..。゚+ 。゚+..。 (*≧▽≦*) 。゚+..。+. .。゚+..。

こんな暗い漫画を投稿してしまってすみません・・・m( _ _;)m!!泊まりで疲れていたみたいで、普段だったら投稿しないような酷いのをアップしてしまって・・・あのとき、「ちょっと過激かなあ?でもせっかく描いたから投稿しちゃえ!!」みたいな、お客様がたのことを考えない気分で投稿しちゃいまして・・・反省しきりです・・・

泣いてくださって本当にありがとうございます・・・m(*_ _*)m ルリさんこそ大変でいらっしゃるじゃないですか・・・それなのに私のことまで考えてくださって、本当にありがとうございます・・・なんとお優しい!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!

本当に、私は今まで助けられてばかりで、私が大変だったときには、周囲の人々が親切に手を差し伸べてくださいました。無力だった子供の私一人では、マックスを病院に連れて行くことも、ゴミ捨て場で探し出すことも、お墓を作ってあげることもできませんでした。全部、力のある大人の人達が助けてくれたのです。今は大人になった私も、誰かを助けられるくらい強くなりたいなあって思います。

お節介なんてこと全然無いです!!(((((*>ω<*)))))ブンブン!!(←首を横に振って否定しています!!)
体は大切にさせて頂きます(*´▽`*)えへへ♡ ありがとうございます+. .。゚+..。゚+ m(*_ _*)m+. .。゚+..。゚+

Dはペットの姿になるとき、耳やしっぽの形など、マックスのマネをしているところがあります。私がマックスを大切にしていて、マックスのことを可愛い~かっこいい~と褒めていたことを知っているので、「可愛くてかっこいいペットの姿」を作ろうとマネしているのです。

その一方で、Dはマックスに対抗意識を燃やしているのか、マックスより僕のほうが良いよっていうアピールをすることがあります。過去記事にちょっとだけ描いたんですが、「僕は舐めるのがとても上手だよ、犬なんかとは比べものにならないよ」って言ってみたり・・・「お手やお座りができるよ」ってアピールをしたのも、マックスはお手やお座りができなかったからかもしれません。ヤキモチをやいてくれているのかな?

その過去記事です↓
「舐めることは得意」の件 http://laceformyshroud.blog.fc2.com/blog-entry-206.html
「お手やお座り」の件 http://laceformyshroud.blog.fc2.com/blog-entry-209.html

コメントありがとうございましたあああ!!・; :*:・。,☆゚'・:*:・。,・; :*:・。,☆゚'・:*:・。,∩(〃▽〃)∩・; :*:・。,☆゚'・:*:・。,・; :*:・。,☆゚'・:*:・。,

マックスちゃん…(´;ω;`)
読んでたら胸の奥にじんわり来て、ちょっと泣きそうになってしまいました
で、でも泣いてないからセーフだし!!!

死の間際に自分の身よりもさゆさんの傷のことを気にするなんて、とてもいい子だったんだろうね…
マックスちゃんは今でも、天国からさゆさんのことをずっと見守ってくれてると俺は思うよ(`・ω・´)

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!蒼夜さーーーん!!ようこそようこそようこそおおお!!*☆*:;;;;;;:*☆*(((((*>ω<*))))) *☆*:;;;;;;:*☆*

マックスのためにじんわりしてくださって、本当にありがとうございます・・・m(*_ _*)m
なるほどなるほど・・・やはり、お優しい蒼夜さんはアウトでございましたか・・・アウトで・・・m(*_ _*)m

いえ、本当に、マックスのために、ありがとうございます・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!

おっしゃる通り、死の間際に私の膝の傷を心配してくれて、舐めてくれまして・・・その後病院に着くまでのほんの少しの間に死んでしまったんです。家から病院まで2キロほどしか無いので、途中で信号でひっかかったとしても、傷を舐めてくれてから病院につくまで、ほんの数分の間だったと思います。なので、本当の死の間際に私の傷を舐めてくれたのです。
自分のほうがずっと苦しかっただろうに、私の擦り傷なんかを心配してくれて、私の事を頼りない主人だって責めたり怒ったりして良いのに。

私がマックスを病院まで運ぶまでの間に何度も転んだから、それで余計に具合が悪くなっちゃったのかなとか、おむすびばかり食べていたから具合が悪くなっちゃったのかなとか、もっとちゃんと学校の図書館で犬の本を読んで勉強しておけば良かったとか、死んじゃう前に色々してあげれば良かったとか、もっと早く大人の手を借りれば良かったとか・・・マックスのことを飼い主としては後悔することばかりで、でも当時の私はそういったことを何も思いつかなかったんです。無知で無力でした。

友達も先生も近所の皆様も動物病院の先生も、皆が私のことを慰めてくれて、誰も私を責めなかったんです。さゆがマックスを上手に運べずに何度も転んだりしたから余計に具合が悪くなって、それで死んじゃったんだよ、とかそういうこと、誰も言わなかったんです。でも私は自分に何かしらの責任はあったと思ってます。でもみんな私のことを心配してくれたから責めなかったんだろうなって。

マックスは今も、天国から見守ってくれているのかなあ。私には勿体無い良い子だったから、きっとそうですね・・・ありがとうございます蒼夜さん、今度は私がアウトのようで・・・じんわりです。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。

コメントありがとうございましたあああ!!*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚m(*_ _*)m・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・*:..。o○☆*゚・
プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR