FC2ブログ

Dの絵(45)

土曜日の夜に、友達と一緒に花火大会に行ってきました!!∩(*´▽`*)∩♡ ♡ ♡

私は日曜日から一週間の大連休ということもあって、とっても解放されたような気分で、すごく楽しかったです!!(*´ 艸`*)☆
会社の友達Wは仕事だったので、会社の友達Eとプライベートの友達2人と一緒に出掛けてきました。

この絵は、過去記事「Dの絵(43)」にも出てきました友達Uです。
Tの彼氏に傘立てを壊された可愛そうな子です・・・とっても良い子なのにいいい!!明るくて楽しくて、人に気を遣う親切な子なんです!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!
浴衣の帯の上に、オーガンジーの透けているレースで出来ている兵児帯をちょうちょみたいに結んでいて、とってもかわいかったです。

d1281.jpg

まいどおなじみ友達Eです。親友です!!大好き!!(〃▽〃) テレテレ・・・♡いつもながら、めっちゃかわいかったです・・・!!(*≧ω≦*) ♡ ♡ ♡
髪をポンパドールにして、そこから巻いた髪をおろしていて、ドレスにも似合いそうな髪型でした。

d1282.jpg

友達Oです。私とはプライベートの友達で、Uの親友です。趣味も性格も大人っぽいの!!(*´▽`*) ほああ・・・♡
日本画みたいな感じの、金魚の絵が描かれているうちわを持っていました。

d1283.jpg

私も浴衣を着ました。

d1284.jpg

d1285.jpg

花火はとっても綺麗でした。連発花火はとっても豪華で、夢をみているかのようでした。花火って本当に綺麗ですね・・・この日の花火があんなに綺麗だったのは、職人さんが良い仕事をしてくれた結果だと思います!!花火が咲くときの音は、大きくて強くて一瞬だけで、その度に胸にずんと響きました。じっと見ていたら感傷的な気持ちになってきて、文学作品の純文学を、夏目漱石や芥川龍之介などを読みたくなりました。ああ、花火は夜空に咲く花なんだ、瞬間に咲いて、一瞬で散る花だ、火花はすぐさま消えるけど、皆の記憶の中に幻の花火が残るんだ、本物よりも大きくて美しい幻の花を残して、自身はあっさり消え去るのだ・・・なんて心の中でポエムみたいな文章を読みました。感動すると勝手に文章が浮かんじゃうんです・・・とんだポエマー野郎です。ののしってやってください・・・(´▽`;A(汗)

今、これを書いていたら思い出したのですが、ハートの形をした花火とか、顔の形をした花火など、面白い花火がありました。なので、後でここにその絵を追加します。

最後の連発花火が終わると、皆がいっせいに帰り始めたので、帰り道は道がすごい人ごみになっていました。かなり離れた地点まで交通整理の人が誘導していました。帰り道の途中にあるコンビニのトイレに、花火大会の観客が長蛇の行列を作っていました。もちろんレジも混んでいて、飲み物を買う人が多いように見えました。この日、けっこう暑かったからだと思います。夜なのに温度も湿度も高く、ムワッと暑い日でした。人ごみだから余計にそう感じたのかな?


日曜日は、ラテン語の辞書を探しに行ってきました。羅和辞典は良いものを持っているんですが、和羅辞典で同じくらい豊富なボリュームのものが無くて、探しているんです。
普通の書店には売ってないのかもしれません。大学の図書館とか資料室にはあるんでしょうけど、一般人は借りられないですよね。ボリュームのある和羅辞典をインターネットでも検索してみたのですが、やはり見付からないのです。
持っている羅和辞典はLEXICON LATINO-JAPONICUM EDITIO EMENDATA 改訂版 羅和辞典で、水谷智洋さんが編集した研究社のものです。古典ラテン語から近代ラテン語(学術用語)まで網羅していて、見出し語が4万5千なのですが、このくらいのボリュームの和羅辞典をご存じのかたがいらっしゃいましたら、どうか教えてくださいませ・・・m( _ _;)m
ルネサンス芸術にはラテン語がつきものだし、教会音楽も歌詞がラテン語だし、西洋魔術の資料もラテン語なので、もっとラテン語を勉強したいのですが・・・私は中世以降~バロック以前の西洋美術・音楽・建築・芸術が好きなんですが、それらを勉強するためには、ある程度ラテン語がわかったほうが良くて・・・
ボリュームのある和羅は無いのかなあ・・・あまり需要が無いのかもしれません。英羅なら沢山あるだろうから、使い易そうな英羅を探したほうがいいのかな・・・

月曜日には、MRIの検査を受けてきました。過去記事「Dの絵(23)」に書きました通り、私は偏頭痛があって、時間が取れたら一度頭痛専門外来に行きたいと思っていたので、今回予約を取って行ってきました。
MRIは撮影時間が数十分程度かかるのですが、その間に動いてしまうと綺麗に撮影できません。なので撮影するときは台の上に横になった状態で、ベルト等で撮影部分を固定します。頭を撮影するときは頭を固定します。固定の手段を始めとするMRIの手法は病院によって少しずつ違うのですが、病院が特定できない程度に、今回私が受けた検査を漫画にしてみました。

まず、台の上に横になり、頭を乗せる場所に頭を乗せました。

d1286.jpg

検査中の退屈を紛らわす音楽や、検査終了時間の接近などを告げる検査技師の声が聞こえるヘッドフォンを付けました。ヘッドフォンではなく耳栓の病院もあります。ちなみに、私が勤めていた病院は耳栓でした。MRI検査中は音がうるさいのでヘッドフォンか耳栓を付けることをすすめられますが、つけなくても検査自体には問題ありません。

d1287.jpg

頭を固定するために、柔らかいクッションをむぎゅむぎゅ詰め込まれます。このときヘッドフォンの耳への当たり方を、気にしたほうが良いです。もし少しでも痛かったりしたら、この時点で技師さんに言って直してもらわないと、検査中数十分間はこのままなのです・・・(((≧ω≦;))) なので、少し神経質なくらいに、耳周辺が痛くないか気にしてみたほうがいいと思います。

d1288.jpg

最後に、ふたを閉められます。この後、台が機械のほうに移動していき、数十分間かけて、工事中のような大きな音を立てながら検査が行われるのです。

d1289.jpg

今回の私の場合は約30分間でした。その間、少しも頭を動かさないようにと言われたので、つばを飲み込むときすらもアゴを動かさないように気を使っていました。その結果、すごく綺麗に撮影できたようです。技師さんに褒められました!!

検査の結果は一週間後に聞きに来てくださいということでした。そう言われた時点で、検査結果は何も問題無かったんだろうなとわかりました。もし危険な兆候が見付かった場合は、後日結果を伝えるのではなく、検査後すぐに処置に入るか先生の診察が始まるのです。また一週間後に検査結果を聞きに行ってきます。


火曜日の今日は、ペンダントを見に行ってきました。過去記事「只今帰宅しました!!m(*_ _*)m!!」にちょこっと書かせて頂いたんですが、Dに新しいペンダントを選んでもらおうと思っていたのです。
・・・でも、Dに選んでもらう以前に、選んでもらう候補のデザインのペンダントが無くて、まだ探し途中なのです。

こういう、オーバルな形で、真ん中が2カラット前後の紺色の宝石で、周囲をダイヤがぐるっと取り囲んでいるデザインのペンダントを探しているのです。
何故紺色かというと、私がDに対して勝手に抱いているイメージ的に、紺色っぽいイメージだからです(詳細は過去記事「パワーストーン」参照)。

d1290.jpg

残念ながら上記のようなデザインのものはありませんでしたが、せっかくお店に来たので試着してみました。そのときのことを漫画にしてみました。

私は、服やアクセは気に入ったものじゃないと絶対に買わないというワガママなコダワリ野郎なので、自分の趣味に合うかどうか、買う前に試着して細かく分析するのです。こういうときは時間がかかるので、服やアクセの買い物には、他の人は絶対に付き合わせられません!!時間がかかって退屈させてしまうと思うので、申し訳無さ過ぎるからです!!
もう買うものがある程度決まってる買い物や、買わないでお店をひやかすだけのウィンドゥショッピングなら友達とするのが楽しいのですが、真剣に選びたい買い物に友達を付き合わせるのは申し訳無くて・・・そういうわけで、今までこういう類の買い物は1人でしてきたので、同行してもらったのはDだけです。

今回も、ワガママなコダワリを発揮して品定めをしている私です。

d1291.jpg

d1292.jpg

d1293.jpg

d1294.jpg

d1295.jpg

夢中になってワガママなコダワリを発揮する私でしたが、Dは怒ったり嫌がったりしないで付き合ってくれるのでした・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。 優しいねDは・・・本当にありがとうね・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。

御閲覧ありがとうございました!!m(*_ _*)m!!

コメント

非公開コメント

プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR