FC2ブログ

LUPICIAさん、TEAPONDさん(紅茶屋さんです)

ようやくデスク作業に戻れて、絵を描く時間が戻ってきたので、次こそはDの記事を書きます!!p(`皿´;)q!!

今回の記事では、お茶について書いてみようと思います。
いつもお茶を買っているお気に入りの紅茶屋さんと、そこで売っているお茶について書いてみます。カッコで囲まれた店名をクリックすると公式ホームページに飛びます。
「TEAPOND」さん・・・お洒落、プレゼントやギフトにもオススメ
「LUPICIA」さん・・・大手、種類も支店も多いので便利

まずTEAPONDさんです。こちらが紅茶缶です。デザイン違いのギフト用の缶もあります。

t1_20160212234640ea6.jpg

フタを開けたところです。

t2_201602122346425ae.jpg

缶の側面です。

t3_20160212234643669.jpg

紅茶の淹れ方が英語で書かれています。この缶には日本語表記が一切無く英語のみです。

t4_20160212234645d77.jpg

袋入りで購入するとこういったパッケージに入ってきます。袋もお洒落です。

t5_2016021223464635e.jpg

こちらがLUPICIAさんの袋のほうです。お洒落さはありませんが、このデザインは袋を開けた後、開け口を閉じておきやすいつくりになっているのです。TEAPONDさんの袋ですと満杯に入っているので閉じるときに工夫がいります。

t6_20160212234705122.jpg

茶葉や花びらは、こういった道具を使って適当に計測してポットに入れます。この道具は「ティーメジャー」「ティーキャディー」「ドザール」等と呼ばれます。ドザールとはフランス語で、大手LUPICIAさんはこちらの呼び方で売っていますが、紅茶はイギリス発祥なので英語で「ティーメジャー」或いは「ティーキャディー」と呼ぶほうが一般的だと思います。
こちらがそのLUPICIAさんのドザールで、私が日常的に愛用しているものです。この形状だと茶葉でもハーブでも計りやすいのです。

t8_201602122347083c8.jpg

じゃあ、早速はかっていきます。
TEAPONDさんのダマスクローズの缶を開けたところです。ダマスクローズは、このようにつぼみの状態で摘み取られているのです。

t7_20160212234706db0.jpg

TEAPONDさんのダマスクローズをドザールですくってみました。

t9_20160212234710c75.jpg

TEAPONDさんのジャーマンカモミールです。

t10_20160212234711943.jpg

LUPICIAさんのローズティーです。よく見ると、薔薇の花びらだけじゃなくて、紅茶の葉っぱが混ざってます。

t11_20160212234733585.jpg

このように紅茶の茶葉に花びらや果物、自然or人工香料などを加えたお茶を「フレーバーティー(フレーバードティー)」と呼びます。フレーバーティーは茶葉とそれ以外の配合を変えるだけで色々な風味になるという、要するに「混ぜ物」のため、数えきれないほどの種類が存在します。
一方で、茶葉を使わずハーブのみでできたお茶のことをハーブティー、更に上記のお茶のようなダマスクローズのみやカモミールのみみたいな、一種類のハーブのみでできたお茶をシングルハーブティーと呼びます。
果物のみでできたお茶はフルーツティーと呼びます。
カフェインの少ないお茶に関しては、まずルイボスティーというカフェインをもともとほとんど含まない植物から作ったお茶があります。一方でデカフェと呼ばれるものは、もともとカフェインが含まれるものからカフェインを取り除いたものです。

一杯分のみのお茶(150~180ml)を作るために、ここからティーポットを小さくしました。上のポットが満杯で800ml、以下のポットは400mlです。
そのため、茶葉(ハーブ)の量も湯量に合わせて減らします。

TEAPONDさんのレモングラスです。

t39.jpg

TEAPONDさんのジュニパーベリーです。

t40.jpg

TEAPONDさんのブルーマロウです。これ、すっごく面白いことになるので楽しみにお待ちください♪♪(*´ 艸`*)☆

t41.jpg

以下は、ポットに入れてお湯を入れたときの写真です。

ダマスクローズです。お湯を入れると花びらが開いてきます。

t12_20160212234735d76.jpg

ジャーマンカモミールです。

t13_20160212234736b5d.jpg

ローズティーです。

t14.jpg

前述しましたようにローズティーには紅茶の茶葉が入っているのですが、紅茶の茶葉はジャンピングという上下運動をするのです。ポットが丸いほうがうまくいくので、形は買うときに選別する重要なポイントです。

t15.jpg

開いた茶葉です。紅茶の茶葉はお湯の中でこのように変化します。

t16.jpg

ここより以下の写真からは、小さいポットを使っています。

レモングラスです。

t42.jpg

ジュニパーベリーです。スプーンで軽く潰して(実なので軽く割るような感じにして)からポットに入れてお湯を注ぎます。

t43.jpg

ブルーマロウです。

t44.jpg

ブルーマロウは、ビックリするような青色になります。下に白い布を置いてみました。
照明のせいで青緑っぽく見えるんですけど、青なんです。

t45.jpg

これより下は、カップにお茶を注いでみた写真です。カップとソーサーは、ウェッジウッドのワイルドストロベリーです。

ダマスクローズを正規の時間と温度と湯量で作ったものです。黄土色かな。

t17.jpg

ジャーマンカモミールです。黄色とオレンジの中間です。

t18.jpg

ローズティーです。少し色が赤いのは、紅茶の茶葉が混ざっているためです。

t19.jpg

レモングラスです。レモンみたいな明るい黄色とレモンみたいな香り!!

t46.jpg

ジュニパーベリーです。オレンジ色っぽいです。

t47.jpg

ブルーマロウです。ブルーハワイかな?バスクリンかな?って感じの青です。

t48.jpg

・・・で、それでですね!!ここからですよ!!(*´ 艸`*)ムフフ☆
このブルーマロウ、レモンティーにすると面白いことが起きるのです!!∩(*´▽`*)∩☆

さっきのブルーマロウ1人分を、同じカップに半量ずつ入れてみました。

t49.jpg

レモンを入れた瞬間、何やら寒色系から暖色系に・・・!!

t50.jpg

(〃゜◇゜〃)!!

t51.jpg

なんと、ピンクになりました!!(*´ 艸`*)☆

t52.jpg

・・・というわけで、ブルーマロウはレモンを入れると色が激しく変わるお茶なのです。(*´▽`*)☆
普通の紅茶でもレモンを入れるとクエン酸に反応して色が多少変わりますが、一番激しく色が変わるお茶はブルーマロウだと思います。

ちなみにこのブルーマロウ、そのままだと味がいまいちピンボケしていて、今一つという感じです。そのためレモンや他の茶葉を加えて飲まれることが多いです。レモンと一緒に飲むと、色の変化も楽しめて面白いです。もしどこかでこのお茶に出会って飲む機会がございましたら、是非レモンティーにして楽しんでみてください♪♪

ティーポンドさんではこのような、そのお茶の美味しい淹れ方や効能などが書かれたカードがもらえます。お花の絵と説明書が、表と裏に書かれています。

t20.jpg

こちらがダマスクローズとジャーマンカモミールです。

t54.jpg

ブルーマロウ、レモングラス、ジュニパーベリーです。

t55.jpg

全部のカードを並べてみました。

ここからは、カードをひっくり返して説明の部分を写真にとってみました。ハーブの効能、美味しい飲みかた、適正な湯量・温度・茶葉量・抽出時間が書かれています。

ダマスクローズです。

t21.jpg

カモミールティーは、キク科(ブタクサ、ヨモギ)のアレルギーがある人で、重篤な症状をお持ちの場合はご注意なさってください。

t22.jpg

レモングラスです。

t56.jpg

ジュニパーベリーは、腎臓に疾患のあるかたには危険な作用を起こす可能性があります。該当するかたは注意なさってください。

t57.jpg

ブルーマロウです。

t58.jpg

このカード、お茶を楽しむためには、なかなか良い説明だと思います。
ちょうど良い湯量などは、これを参考にして、自分が美味しいと思う量を見付けるのが良いと思います。
ただ、このハーブはアレルギーが起きる可能性があるとか、体に合わない人がいる可能性があるとか、特定の疾病及び服薬品との飲み合わせによる副作用とかについてはほとんど書かれてないので、自分で調べる必要があります。

ハーブティーは正しく飲めば穏やかな効果をもたらす薬になりますが、危険な飲み方をすると毒になります。特に心臓病・腎臓病・婦人科系疾患・精神科系疾患・重篤なアレルギー疾患・妊婦・高血圧・何かの薬を服薬中等の人は、飲み合わせを調べてから飲んだほうが無難だと思います。

もし、飲んじゃいけないのに買っちゃった・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。 とか、よく調べてみたら飲んじゃいけないハーブだった・・・( TωT。) という場合は・・・

t53.jpg

お風呂にでも入れちゃいましょう!!∩(*´▽`*)∩☆

なんかハーブとかいじってると魔術でもやってるかのような気分になりますが、魔術と言えば「魔女の秘密展」という展覧会があるみたいです。行かれるお客様もいらっしゃいますか?タルパにご興味がおありのお客様は、もしかして魔女にもご興味があったりなさるのかなあ。
私は行くの迷ってます。ヨーロッパの歴史は大好物だし、ヨーロッパの宗教や魔術も大好きなのですが・・・でもこの展覧会は、キリスト教の考える魔女(ヨーロッパ古来の魔術を扱う女性じゃなくて、キリスト教が考えているような悪魔崇拝(反キリスト教活動)、冤罪としての魔女狩り、異教徒及び他宗教に対する悪魔or魔女認定)をメインにおいた展覧会なんだと思います。舞台がドイツということは、プロテスタントによる魔女狩りの話かな。
もし、歴史等の学術的な話が浅くて、ただひたすら気の毒な人々の話(とか絵とかお守りなど当時の遺物)とかの、当時の悲劇のみがドラマチックに展示されていたら、見に行って落ち込んで帰ってくるのは嫌だなあと・・・友達を誘って行ってみようかな?

t23.jpg

御閲覧ありがとうございました!!m(*_ _*)m!!

コメント

非公開コメント

コメント失礼します。
魔女の秘密展、行きましたが
私はあまり良い印象はありませんでした(>_<)
展示数が少ないですf^_^;)
展覧会を見に行く気持ちで行くより、
イベントに行く気持ちで行かれた方が良いかと思います。

お茶の写真もすごく素敵ですね!(≧∇≦)
見ていて優雅な気分になれました((*^o^*)

TEAPONDめっちゃ素敵ですね♪
関西に住んでいるので初めて聞きました。
今度ローズティー頼んでみようと思います(*^o^*)

ルピシアの紅茶で、テレビドラマの「相棒」とコラボした紅茶(アールグレイ&ローズ)がおすすめです♪
関西では大阪梅田で相棒展がやっているときだけしか買えなくって、いつでも入手可能な東京が羨ましいです( ´ ▽ ` )

あと、ティーカップがワイルドストロベリーだったのが、さゆさんのイメージ通りでちょっと嬉しかったです(笑)

魔女展はイギリスじゃなくてドイツが舞台なんですね。魔女狩りの話題が中心だと気分が重くなりますよね...(;´Д`A

いつもお仕事お疲れさまです(*^^*)
Dさんの記事も楽しみにしています♪

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!蓮華さーーーん!!ようこそお越しくださいましたあああ!!*゚。+☆+。゚*∩(*´▽`*)∩*゚。+☆+。゚*

その節はとっても嬉しいお言葉を下さいましてありがとうございます!!そして今もブログをご覧くださっていらっしゃるなんて・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。 感激です!!本っ当にありがとうございます・・・!!!!!めっっっちゃ嬉しいですううう・・・!!!!!こうしてせっかく来てくださっているというのに、最近更新が止まっていて申し訳ございませんでした・・・!!!!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。

そしてそして!!貴重な情報をどうもありがとうございます!!魔女の秘密展、ご覧になられたのですね!!こんなに早く情報を教えて頂けるなんて・・・!!(〃゜◇゜〃)!!とっても嬉しいです!!本当にありがとうございます!!q(*´▽`*)p!!

なるほど、展覧会というよりイベントみたいな感じなのですか・・・そういうことなら、もし見に行くなら普段行っているような美術展や博物展とは別物だと思って行ったほうが良さそうですね。展示数が少ないとなると、催し物やコラボ商品の売り出しをメインにしているっぽい感じですね。ふむふむ!!

お茶の記事、お気に召されましたか?あああ良かったです・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!ここ数日の仕事はデスクについている時間があまり無くて、漫画を描くことができなかったので、タルパとは関係無いコレクションの記事になってしまって、最近タルパ関係の記事を全然描けてないので、ご不評を頂くかなあと思っていたので・・・。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。

タルパブログなのに最近タルパ関係の記事を書けてないので、せっかく来て下さるお客様に対し、大変申し訳無く思っております・・・m( _ _;)m いっそDの絵一枚だけとか、文章だけの記事になってしまっても、D関係の記事を3日に1回は更新していこうかなあ・・・。
そのために今思いついている方法は、「今日のD(短い記事)」というカテゴリを新たに作って、時間が無いときでも更新を休まず小さな記事を書いて、そのカテゴリにどんどん入れてしまうという方法です。
この方法によってブログの更新がストップすることは無くなります。ただ、この方法には問題点もあって、それは記録する必要が無いような記事がどんどん増えて、他の重要な記事を隠してしまう可能性があることです。

しかし、重要な記事は描こうとすると長くなるため、時間があるときにしか描けず・・・だったら小さな記事をどんどん書いていってしまおうかなあ、みたいな・・・うぬ・・・うぬぬ・・・ちょっと考えてみます!!(´▽`;A(汗)

お茶に関しては、ハーブティーをメインにして書いてみました!!(*´▽`*)☆ 紅茶だと見た感じが似ているので、写真に撮って記事にしてもお客様が楽しくないかなあって思いまして。でも普段飲む機会はハーブティーより紅茶のほうが断然多いです。

私は紅茶にお砂糖等を入れずにストレートで飲むことが多いので、手元に角砂糖が無かったのですが、角砂糖も色々な形や色があって可愛いですよね♡ 雑貨屋さんとかで売っているのをたま~に見ますが、可愛い角砂糖とかを色んな種類置いているお店ってあるのかなあ?普段自分が使わないから、友達が来るときのために買いに行っても、全然見付けられない私です。そのうち可愛い角砂糖も見付けたいなあ。(*´▽`*) ~♡

コメントありがとうございましたあああ!!♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’*・’゚♭ ヾ(*´▽`*)ノシ ♪*:・’゚♭.:*♪’゚。.*#:・’゚.:*:・’゚♭

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!りかさーーーん!!ご来訪誠にありがとうございますううう!!*..。o○☆∩(*´▽`*)∩*..。o○☆

TEAPONDさんお気に召されましたか!!良かったです~!!(*´ 艸`*) ♡ 素敵ですよね!!私もこのお店大好きなんです!!

ハーブの種類と在庫が安定しているところも気に入ってるんですが、お洒落なところがすごく気に入っているお店です!!(〃▽〃)ゞ 飲み方が書かれた説明カードがついているのも気が利いているし、プレゼントとしてもオススメです!!(*≧ω≦*)☆

ポットもティーメジャーも売ってるので、一応飲むための道具も一通り揃う感じです。ただティーメジャーは一番大きいスコップタイプのもの以外、大きいハーブだとすくいづらいかなあって感じなので、もしハーブティーを飲まれるかたが普段使い用に買うんだったら、LUPICIAさんのスコップタイプのほうが便利だなあって思います。でもTEAPONDさんのティーメジャーはお洒落なので、使うとゴージャスな気分になれます・・・!!普通の紅茶だったらTEAPONDさんのティーメジャーで充分ですし、LUPICIAさんのよりお洒落です♡c(〃▽〃c)
LUPICIAさんのが普段使い(実用重視)で、TEAPONDさんのが来客用(お洒落重視)って感じで、使い分けてみるのも良いんじゃないかな~って思います。(*´▽`*)♪♪

そしてなんと、LUPICIAさんが「相棒」さんとコラボしてたんですか!?全然知りませんでした・・・!!(*゜◇゜*)!!さすが大手だなあ~!!どんどんイベントやコラボができちゃうっていう・・・!!オススメして頂いたアールグレイ&ローズ、買って飲んでみますね!!c(*´▽`*c)☆
そして、関西と東京では売ってる商品も違ったのですね・・・!!それも知らなかったです・・・( ゜◇゜;)!!お詳しいですね!!教えてくださってありがとうございます!!

ワイルドストロベリー、イメージに合ってましたか?(〃▽〃)ゞ エヘヘ☆ このカップとソーサーは初めて買った紅茶カップなので愛着があるんです。普段、いつもこれで飲んでます。c(〃▽〃)っ ♡ ♡ ♡
そのときワイルドストロベリーのシリーズでプレート(お盆)も一緒に買ったんですが、ティーポットは買わなかったんです。抽出中のジャンピングや色を見て注ぎたい派なので、ティーポットは透明のものしか持ってないんです。

魔女展は、なんか公式ホームページにドイツが云々って書かれてたんです。イギリスも魔女狩り流行した国ですよね!!ドイツと一緒に取り上げられているかもしれません!!
・・・や、やっぱり、魔女狩りがテーマっていうのは気分が重くなりますよね・・・(´▽`;A(汗) 淡々とした説明だったらまだしも、拷問具とかも展示されるみたいなので、痛そうだなあ可哀想だなあって思いながら見る展示品が多いと、ちょっと行くのを躊躇してしまったり・・・

仕事のことまで労ってくださってありがとうございます・・・!!おかげ様で疲れが吹き飛んでいきました!!p(*´▽`*)q ♡
Dの記事も楽しみにしてくださるなんて・・・!!嬉しいよおおおおおっ・・・!!。・゚゚・(゚´Д`゚)・゚゚・。!!よーっし!!Dをいっぱい書くぞおおおおお!!

コメントありがとうございましたあああ!!*+:…。oо○゚+*+:…。oо○゚+* c(*´▽`*) *+:…。oо○゚+*+:…。oо○゚+*

LUPICIAはいろんな紅茶が置いてあるから、眺めるだけでもすごく楽しい(`・ω・´)
俺もたまに行きますよ(・`ω・)/

この前鹿児島でコーヒー豆を買う時に間違って隣のLUPICIAに入ったんですが(笑)、時間がなかったのですぐに退店したという
もっとゆっくり見たかった(・ω・`)


TEAPONDは東京にしかないのか…
次に関東へ遊びに行くことになったら是非とも一度覗いてみたいですヽ(´・∀・`)ノ


お湯の量や抽出の時間はともかく、お湯の適温も茶っ葉ごとに変わるもんなのねΣ(・ω・ノ)ノ
紅茶の入門書とかでよく「沸騰すると酸素が抜けてジャンピングしなくなるから、お湯の温度は沸騰直前の96~98℃くらいがいい」って書かれてるけど、100℃のお湯が推奨されるのもあるんだな…
ハーブティーだから、もしかするとそれで淹れ方が変わるのかもしれないね(。-`ω-)



ホームページを見る限り、魔女狩りメインの展示っぽい気がする
拷問器具や悪魔が堕落を勧誘してるような、「キリスト教が考える魔女」の負のイメージが強そう…

ハーブを使って民間療法を行っただけで魔女にされることがあったなんて、ひどい話ですよね(´・ω・`)

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!蒼夜さーーーん!!ご来訪大歓迎でございますううう!!*.。o○o。.*∩(*´▽`*)∩*.。o○o。.*

紅茶と言えば蒼夜さん!!蒼夜さんと言えばハチミ・・・紅茶!!c(*´▽`*c)☆ って思っている私です!!
実は、もしかして蒼夜さんからコメント頂けるかも?って思ってました!!(*´ 艸`*)エヘヘ☆

やっぱり蒼夜さんもLUPICIAさんに行かれますか~、大手ですよね!!紅茶屋さんとして全国規模の最大手なんじゃないでしょうか。紅茶屋さんというか、もはや世界中のお茶を集めたお茶屋さんと言うか・・・!!

LUPICIAさんには純粋なハーブのみのお茶は種類が少ないんですが、それはシングルハーブだと味や香りにクセが強いから、あまり売れないからそのまま店に置くことはせず、一般向けに飲みやすく美味しくするために紅茶とブレンドして売ってるからという理由だと思うので、商品開発の工夫を頑張ってるなあといつも感動してます。
色々な企画を行い、コラボによって新たなお客様に紅茶を知ってもらい、購買層を広げていこうという努力も大手ならではだし、飲みやすく美味しくされたお茶が多いので、LUPICIAさんの商品によって紅茶好きになったかたも多いんじゃないかな?
今回はハーブをメインに記事を書かせて頂いたのでLUPICIAさんの商品を全然紹介できなかったんですが、LUPICIAさんの商品を紹介するとなると、それだけでかなり記事が書けそうです。

あと、店員さんが話しかけやすくてお茶に詳しいのにも助かってます!!あれだけの種類を抱えながら、「こういう特徴のお茶が欲しいのですが・・・」と特徴を言っただけで、「それでしたら、これとこれはいかがでしょうか」ってサッと紹介して香りをかがせてくれて、ササッとお茶を淹れて飲ませてくれたりと、売っているお茶の種類や特徴をかなり細かく把握している印象を受けます。いやはや、本当にすごいと思います!!だってどんどん新しいお茶を出して、売れないのはどんどん廃版にしている大手なので、店頭に置いてあるものを常に把握しておくのは大変なはずなんですよ・・・!!(゜◇゜;)!!
全く紅茶に詳しくない人でも店員さんが親切にサポートしてくれるから安心して買い物が出来るし、いつでも誰でも歓迎されてるって雰囲気があります。
いつも快適にお買い物させて頂いてます!!店員さんいつも本当にありがとうございます!!LUPICIAさん大好きです!!(*´▽`*人) ♡ ♡ ♡

そういう点はLUPICIAさんの強みで、TEAPONDさんだと難しいですね。お店が小さな個人店なので、土日はお客様でいっぱいで、1人1人にまで細かく対応するのは難しそうです。買うものを決めてから行く分には良いのですが、店内で店員さんに相談しながらゆっくり選ばせてもらうというのは、かなり店内がすいてるときじゃないと難しいです。お店自体もとても小さいので、多分わざわざお店まで行かなくても、公式ホームページのネット販売で買えば良いかなって気もします。
TEAPONDさんの強みは、独特のお洒落な世界観とパッケージ、そしてシングルハーブが幾つも置いてあることだと思います。個人店ならではの強みですね。世界観に関しては他の紅茶屋さんが追いつけないお洒落な統一感があると思います。

魔女展については、あれから行かれたかたのブログ等も検索してみたんですが、やっぱりキリスト教による魔女狩りがメインみたいですね。魔術はキリスト教以前からありましたが、今回の魔女はキリスト教の定義する魔女、つまりキリスト教が創作した魔女像であって、要するにキリスト教あってこその魔女(悪魔、魔術)なので、キリスト教が存在しなければ存在していなかった創作・想像上の魔女像のほうを取り上げているのだと思います。
だとすると、私にとって個人的に興味の対象ではないし、かわいそうな話を知って悲しい気分になるのは嫌だし・・・ただ魔女を取り上げた展示会としては日本初の『本格的なもの』と評されているそうなので気にはなっています。どの程度本格的なんだろう?歴史・文化にはとても興味があるので、そういう史実が詳しく書かれているなら行ってみたいのですが・・・

コメントありがとうございましたあああ!!。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+. q(*´▽`*)p 。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.
プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR