FC2ブログ

天秤

昨日のことです。
休日だったので、午前中にお花とシャンプーとコンディショナーとバスマジック○ンを買いに行き、友達へのクリスマスプレゼントを見て歩いて、お昼過ぎに帰ってきて遅めの昼食を摂りました。その食器を片付けた後で、なんとなく体がだるくなりました。

私(なんか、頭がボーッとするな・・・)

疲れているのか、なんか頭がボーッとする気がして、私はおでこに手を当てました。熱は無さそうだけど、一応計ろうかな。

D「さゆ、どうしたんだい?」

私の様子を見たDが、心配そうに言いました。

私「なんか頭がボーッとするというか、だるいというか。風邪かもしれないなあ。明日も休みで良かった・・・D、私少し横になるね」

私は体温計をタンスから出して脇にはさみ、ベッドに横になりました。

私(これから忙しくなる季節なのに、まずいなあ・・・連休中に治さなきゃ)

D「さゆ」

Dは私のベッド脇の床の上に座り、心配そうに私の頬に手を当てました。

私(なんか、いつもよりDの感触が薄い気がする・・・私の体調不良のせいかな・・・)

頬を優しく触られても、指をからめるように手を握られても、いつもよりDの感触が薄い気がするのです。Dにもそれがわかったようで、はっとしたように私の顔を見ました。

Dは私から手を離して、私からはベッドで見えない場所のDの足元から何かを拾い上げました。Dがそれを私の前にかざしたので、それの正体がわかりました。天秤です。

アンティークな形をした天秤は、華奢な支柱の部分がガラスでできているように透明で、細かく彫られたガラス細工がきらきらと綺麗です。全体的に透明できらきら美しいのですが、皿にだけ色がついていて、右の皿が黒、左の皿が白をしています。
なんだろう、この天秤・・・きらきらしていて少女趣味で、全然Dの趣味じゃなさそう・・・私が勝手に作っちゃったのかな・・・

Dは真剣な顔で、じっと天秤を見詰めています。すると天秤は皿に何も乗せていないのに、黒い皿のほうが下に傾き出し、ほんの少し下がったところで止まりました。

Dがほっとしたように溜息をつき、天秤を下げました。どこに天秤をしまうのか気になって見ていると、Dは自分の影の中に、まるで水に沈めるように天秤を入れました。
あれ・・・Dに影なんて、あった・・・?

D「体が疲れているだけのようだね。ゆっくり休むといいよ」

Dは私の手を優しく撫で、私の手を握るように自分の手を重ねました。やはり、いつもより感触がありません。

体温計が鳴り、取り出してみましたが、熱はありません。風邪ではなさそうです。やっぱり疲れてたのかな。ここのところ忙しかったから。

私「D、今の天秤って何?」

Dは、無言で口元に笑みを浮かべました。

私「ねえ・・・」

開きかけた私の口に、Dが口づけをしてきました。口の中に濡れた舌が動く感触を残して、唇をペロリと舐めてからDは離れていきました。

D「さあ、お喋りはやめて、おとなしくお休み」

私「その天秤・・・」

D「口を開けると、隙を狙ってもう一度するよ」

私「・・・・・・」

D「いいこだね」

明らかに、Dは天秤についての詳細を隠しているようです。私は溜息をつきました。

私「・・・Dは、私に秘密にしていることが多そうだね」

D「さゆのためだよ」

Dは口元に笑みを浮かべたまま、静かに答えました。

私「教えてくれないの?」

D「いずれ時がきたら教えてあげるよ。さあ、もう静かに休むんだよ。今の君の体には休息が必要だからね」

コメント

非公開コメント

プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR