FC2ブログ

人事異動・新年度のうちの課

エイプリル・フール企画の記事「人事派遣会社 「おいで、眠りにつく前に」 ご案内」が完成しました。
更なる新商品「幽・冷房」を付け加えて、「SAY・冷蔵庫」のほうも絵や文章なども大幅に増やしてみましたので、もし良かったら、見てやってくださいますと、とっても嬉しいです・・・!!m(〃_ _〃)m!!

この記事も完成しました・・・!!m(〃_ _〃)m!!

この記事には、私が勤めている会社が新年度を迎えて人事異動があり、人の配置が少し変わったので、ちょっと記録として書いてみました。
登場する人物は、私の直属上司(=上司さん)と、私が教育係を担当して教えた後輩(=S)です。

上司さんが登場した過去記事・・・「職場」「Dの絵(34)」「Dの絵(91)」などです。
Sが登場した過去記事・・・「Dの絵(82)」「接続障害→Dの絵(85)」「Dの絵(88)」などです。

前年度の私はSと組んで仕事をすることが多かったんです。Sは私が担当して教えた後輩ということもあって、一緒に仕事をするのはとても気楽でした。
ところが今年度の私は、上司さんと組む配置が多くなるみたいで・・・今からわりと緊張しています。(〃´▽`〃;)ゞ☆

前年度と比べて、どのくらい気分的な差があるのかと言うと・・・

前年度の私(先導の私&フォローのS)

d3396.jpg

今年度の私(先導の上司さん&フォローの私)

d3401.jpg

緊張の差としては、このくらいありま・・・いや、ちょっと誇張しました。さすがに、ここまでじゃないかな・・・(〃´▽`〃;A(汗) すみません、ちょっと大袈裟に描きました。

上司さんは部下思いだし、面倒見が良くて、無理なことは言わないし、と言うかむしろ過保護なくらい親切なんですが、やはり直属上司のかたと組ませて頂くというのは、部下として立場的に緊張します。

ある意味、理事より緊張するかもしれません。(理事が登場した過去記事は「プロジェクトメンバーと顔合わせ」「Dの絵(87)」です)理事とはビジネスライク的要素が強く、専門分野も違うし、立場的にも差が大きい(理事は幹部、私は一社員)ので、理事の前で失敗して自分の未熟さを出してしまうことにあまり不安は無いんです。だって理事からご覧になれば、私がどう頑張っても未熟な部分があるはずだからです。
その一方で、上司さんは私と同じ課だから、私の仕事っぷりについて理事より専門的に分析なさる能力があるし、私の賞与などにも関係するような発言を上に対して出来る、常に私の仕事を評価する立場にある役職です。そういう合理的な(ビジネス的な)理由だけでも気が引き締まります・・・!!

あと・・・私は上司さんに対して、ビジネスライク以外の、恩義や尊敬の念を抱いているんです。すごくお世話になってきたからです(詳細は過去記事「Dの絵(91)」「Dの絵(34)」などです)。だから、上司さんを失望させたくないのと、自分の仕事の能力を見てほしい(上司さんのお陰で成長できましたって感謝を伝えたい)のと、仕事で協力させて頂きたいと思っていて・・・でもそれはもっと私の能力が上がってからだなと、自分の中で区切りを付けていたのに、急に上司さんと組む機会が与えられたことで、緊張が・・・!!
しかも課内の人事異動は上司さんの采配なので(詳細は過去記事「交換日記(2)のコメント欄」参照)、つまり上司さんの判断で、私が上司さんと組むことになったということなんです。これはもう、頑張りを見せたいところ・・・!!!!!p(〃`ω´〃)q☆

あと、今年度はSが1つ下の後輩とわりと組むことになるんですが、Sは本格的な仕事として後輩と組むのは初めてなので、頑張れ~!!って思ってます。p(〃`ω´〃;)q ファイトだよS・・・!!!!!
Sは、自然体の状態で自分の意見をハッキリ言う性格なんです。それはプレゼンや会議での武器になるし、社外の人にも臆せずアピールできる力にもなるというわけなので、うちの課に属する社員としてはすごく良いことです。ただ、誰に対しても同じ調子で言うので、Sより上の先輩と組む分には良いんですけど、相手が後輩だとSの言葉で委縮しちゃう子もいたりして・・・(詳細は過去記事「交換日記」参照)
やっぱり立場的に、後輩は先輩に気を遣うものなので、先輩からポンポン言われると委縮しちゃったり、先輩に言い返すのが失礼だと思って黙ったり困ったりしてしまうわけで、なので後輩に対する人事的な配慮でSはずっと先輩と(私と)組んでいたんです。でもすごく強い後輩君(詳細は過去記事「交換日記(2)のコメント欄」参照)が更に成長したので、今年度はその子とSを組むことにしたようです。
Sは天然でポンポン言葉の武器を放つ子なんですが(詳細は過去記事「職場」参照)、この強い後輩君は意図的に言葉の武器を放てる子のようで、この2人が組むことになったら来年度には、2人とも切磋琢磨し合ってますます強くなって最強の舌を持つ2人になるんじゃ・・・!?

そして人事異動によって、うちの課と関係ある近くの課に、ものすごくお洒落な男性社員が配属されたので、そのかたのこともちょっと書いてみます。
噂に聞いていた通り、とってもお洒落なおじさまでした・・・!!!!!(っ〃゜◇゜〃c)☆
うちのブロックには、チーフというアイドル的なおじさまが既にいらっしゃるんですが(チーフが登場した過去記事「職場」「お菓子」です)、なんと今回異動していらっしゃったおじさまは、このご時世に激レアだと思われる現代のダンディ、レオン系のおじさまなのです・・・!!!!!

レオンとは男性向けファッション雑誌でして、正しくはLe〇n(・・・一応、アルファベットのO(オー)の文字を〇(まる)で代用して、伏字にさせて頂きました。万が一どこかのおじさまがこの単語で検索をかけて、うちみたいな怪しげなブログにたどり着いてしまったらお気の毒なので・・・(〃´▽`〃;A(汗) )
この雑誌、南イタリアの着こなしや小物をベースにしていて、お洒落なお店を紹介していて、女性が読んでもなかなか楽しめる内容なのです・・・!!(〃´艸`〃) ♡ ♡ ♡
表紙とかもこんな感じでゴージャスです。この表紙はおじさま+黒手袋+葉巻でした。

d3398.jpg

全体的に、こういう南イタリアっぽい表紙のようです。

d3399.jpg

こちらの表紙は背景の建築が夜だし遠くてボケてるんですが、装飾の雰囲気からしてミラノのドゥオモだと思います。ゴシック建築ですがイタリア風なんです。イタリアンのゴシック建築大聖堂にはフランスがすごく関わっていて、フランス人が設計したり、完成させたりしてるんです。フランスはゴシック建築の本場だからね、エッヘン☆(っ〃´▽`〃c)=3

d3400.jpg

う~む・・・やっぱり、ヨーロッパで男性がファッションに一番こだわるお洒落な国はイタリアです。イタリアの隣国なのにフランスの服はラフで、特に男性は服にこだわりません。イタリアに近い地方では少しお洒落度が上がりますが・・・

日本がイタリア人に抱いているイメージ(のんびり・ニコニコ・おしゃべり好き・女性好き・ルーズ・マフィア・パスタ)は南イタリア人の特徴で、北イタリア人は全っっっ然違うものすごーーーく真面目で勤勉な人々なんです。すごく頑固だけど。

イタリアの北と南は死ぬほど仲が悪いです。南北統一したときは、世界で一番分裂する可能性のある国だって言われてました。イタリアの歴史的に、そもそもポリス国家というか町単位(現在の町が、かつては一つ一つの国だった)で動く国々の集まった地域だから、「フィレンツェ人」とか「ヴェネツィア人」という町単位の仲間意識はあるけど「イタリア人」としての意識がめちゃくちゃ薄いんです。戦争に勝てないのはそのせいだと思います。「イタリア人」として協力し合えないんです。
大きくわけても北と南でハッキリ意見がわかれていて・・・それには政治的な要因と経済的な要因があり・・・どの辺まで書いて良いのかな・・・ぶっちゃけ南イタリアにいるマフィアという存在が全て悪くてですね、私の大好きな貴重なイタリアの建築&芸術品を破壊したり、北イタリアの善良な人々から巻き上げた税金を自分達の悪事に使い(自分達の手下の政治家を、マフィアの力を使って当選させて利用する)、そもそもイタリアンマフィアとか言ってるけど外国人(アメリカ系とか)で、イタリア人ですらなかったりし・・・あっいけない、そういうのは人種差別的な発言になっちゃうのかな・・・

っていうか、怖いな・・・実は、北イタリア内で外国人(フランス人)が発した言葉ですら、ちょっとでもマフィアへの苦言を出すだけで現地の人に心配されたんです。北イタリアの人はいつも心の奥でマフィアを警戒していて、「どこに彼ら(マフィア)がいて、いつ聞かれるかわからないから、その単語は口に出さないほうが良い」って、外国人相手なのに本気で心配してくれました。北イタリアの人の心には、「北イタリアは南イタリアのマフィアに搾取されてきた」という意識が強く刻み込まれているんです。私がまだ子供でフランスに住んでいた頃の話だから、今から10年以上前の話ですけど、今はもっとユルくなったのかなあ?(〃´▽`〃;A(汗) それか、難民&移民問題でもっと大きな混乱が起きていて、それどころじゃなくなってるのかな・・・

っていうイタリアの話も、ここが日本語のブログで、私がもう日本国籍の日本在住だから呑気に言えることです・・・日本は素晴らしい国だなあ・・・(∩゜´◇`゜c) ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡!!!!!

日本と言えば、先日過去記事「Dの絵(102)」に書かせて頂いたイモムシさんについて、友達にイモムシさんの話をふったところ、日本の国蝶の「オオムラサキ」の幼虫がとても可愛いということを知りました。動画を貼れないんですが、YOUTUBEさんの検索で「オオムラサキ幼虫が葉っぱを食べている様子」という言葉を入れて検索すると、オススメのかわいい動画が出てきます。

(っ〃゜◇゜〃c)さゆ「うーむ、さすが日本、国蝶も幼虫までかわいいとは!!しかも、近未来的な雰囲気も感じるぞ・・・!!(←フランス人は日本のものは何でも可愛いくて最先端だと思っている)」

雑談で長くなってしまってすみません・・・!!!!!こんな文章だらけの記事を読んでくださって、本当にありがとうございました・・・!!!!!。・゚゚・(っ〃゜´ω`゚〃c)・゚゚・。♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡

仕事については、また何かあったら記事にして記録しておこうと思います。p(〃`ω´〃)qファイッ☆

ご閲覧ありがとうございました・・・!!m(〃_ _〃)m!!

コメント

非公開コメント

プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR