FC2ブログ

うちの植物達

この記事では、私が部屋で育てている植物達の写真をアップさせてくださいませ。m(〃_ _〃)m

実は、ブログに新しい記事を一か月間アップしなかったせいで、トップ記事にスポンサー広告が出てしまったので、何か新しい記事をアップしなくてはいけなくなってしまったのです。全然ブログを更新しなかったせいです・・・m(〃_ _〃;)m

では、いきます・・・!!
まずは、このこ!!観葉植物として定番中の定番、ポトスさんです。このこはポトス・テルノ・ファンファーレという種類です。

pot25.jpg

ポトスさんは、とっても育てやすい観葉植物として人気があります。このこみたいに葉に白い模様が入っている子は、見た目でも人気です。

pot26.jpg

まるで作り物みたいな、とっても綺麗なはっぱをしているんです・・・!!∩(〃´▽`〃)∩♡ ♡ ♡ ♡ ♡

pot27.jpg

コキアさんです。もふもふで有名な子です。国営ひたち海浜公園さんにいっぱいいて、もふもふの海を作っているそうです。

pot3.jpg

一年草なので今年の冬にはいなくなっちゃうけど、それまで大切にしてあげるんだ。

pot4.jpg

もふもふです・・・!!∩(〃´▽`〃)∩♡ ♡ ♡ ♡ ♡

pot5.jpg

フィカス・プミラさんです。このこはうちの環境がすごく体に合っているみたいで、めちゃくちゃすくすく育っています。新芽がいっぱい出て根っこも出てきたので植え替えました。

pot6.jpg

小さくて細かい緑色のはっぱが白にふちどられていて、コントラストが見事です。一生懸命に新芽を出す様子がかわいいです。

pot7.jpg

ユーカリ・ポポラスさんです。葉っぱが丸くてかわいいのです。

pot8.jpg

そろそろ支柱を立ててあげようかな。

pot9.jpg

シェフレラさんです。本当はシェフレラ・なんちゃら、という種類があると思うのですが、不明です・・・m(〃_ _〃;)m
シェフレラはカポックという名前で売られることもあるようです。このこは大きくなって根っこが出てきたので、今年の6月に植え替えました。

pot10.jpg

はっぱの形がかわいいです。いつも元気です。

pot11.jpg

パキラさんです。今年の4月に買いました。

pot12.jpg

葉は5つのまとまりがいっぺんに生えてきて、ふわっと開くように広がるんです。この写真の中の一番小さいはっぱ(葉5つのまとまり)と、二番目に小さいはっぱ(葉5つのまとまり)は、うちに来てから生えたはっぱなんです。

pot13.jpg

上の写真の後で、少し大きい植木鉢に植え替えてあげたら、また新芽が2つ生えてきました。1つめはこの赤丸で囲んだ部分です。ここが伸びていって開くと、5枚の葉っぱになるんです。

pot34.jpg

2つめの新芽は別の場所にもう1つ生えているんです。元気に伸びていってほしいなあ。

pot35.jpg

日本で植木鉢として売っているパキラの苗は、種から生えた「実生」と、パキラの幹を切ったところから新しく生えてきた「挿し木」の2種類があります。
私のパキラさん(正確にはパキラさん達です。2つ並んで生えているからです)は実生です。何故わかるかというと、種から生えてきたときに最初に生える特別な葉である「双葉」という葉がついているからです。パキラの双葉は、5枚のとがった葉が並んだものではなく、2枚の丸い葉なんです。
赤い矢印が示しているものが双葉です。右のパキラの双葉はもう黄色くなっています。大きくなると双葉は枯れて落ちてしまうためです。左のパキラの双葉はまだ緑色です。これから大きくなるとそのうち双葉だけ黄色くなって落ちるのです。

pot40.jpg

このこたちはまだ小さいので双葉がありますが、ある程度大きくなった状態のパキラさんを買うと、もう双葉が落ちている状態だと思います。そのような状態で実生なのか挿し木なのかをみわけるには、根もとを見てみてください。この赤い線のように、樽みたいな形にぷっくりしていたら実生です。

pot41.jpg

ただ、挿し木の場合でも安定のため根もとのほうが太いことと、実生でも根もとがあまり太くない個体もいるので、根もとを見て見分けるのは目安であって、根っこをみたほうが確実です。挿し木は太い茎(これが根みたいに土の中にいる)が途中でスパッと切られていて、その周囲から細い根が生えています。ちなみに、日本に流通している編み込みパキラは全て挿し木だそうです。

パキラの花は実生にしか咲きません。しかも種から生えてから5~10年立たないと咲かないのだそうです。うちのパキラさんも10年くらい経てば花が咲くのかなあ?野生では15mにも成長する木なのだそうですが、さすがにそこまでの大きさになる前に剪定しなくてはいけなくなります。でも、新しい茎を切っちゃうの、可哀想だからしたくないなあ・・・。・゚・(´□`゜)・゚・。

このこ達はインテリアショップで売られていた子達なので植木鉢がお洒落です。でも穴の開いていない植木鉢だったので、水はけがいまいちで植物達が弱っていたので、買ってこの写真を撮った後ですぐに植え替えました・・・(〃´▽`〃;A(汗)

pot14.jpg

上の写真の中で、上にいる子です。ガジュマルです。植え替えをするためにここから出したら、やっぱり根っこの一部が根腐れしてしまっていました。水はけの悪い鉢に植えられていると植物は根が傷んでしまうんです。

pot15.jpg

水はけの良い鉢に植え替えたら、新芽がいっぱい出てきました。元気が出てきたようです。

pot37.jpg

上の写真の中で、左下にいる子です。プレクトランサス・マダカスカリエンシス・バリエガツスという名前です。

pot17.jpg

このこも根が傷んで下のほうの葉が落ちてしまっていたんですが、水はけの良い鉢に植え替えたら、新しい葉っぱが出てきました。赤い線が囲った部分が向こう側の葉で4枚、オレンジ色の線で囲った部分に6枚出てきました。カメラの接写がうまくいかず綺麗に写らなかったので、葉がもっと大きくなったらまた写真をアップしてみますです。

pot42.jpg

上の写真の中で、右下にいる子です。ポリシャスという植物の仲間だと思います。お店の人も名前を知りませんでした。このこも水はけの良い鉢に植え替えました。

pot16.jpg

アスパラガス・ナナスさんです。京成ばら園さんで買った子です。

pot18.jpg

葉っぱが面白いのです。食用のお野菜のアスパラガスとは別物です。

pot19.jpg

ステレオスペルマム・ダニエレ(旧学名)さんという名前で呼ばれていたようですが、研究により分類が変わったようで、ラデルマケラ・シニカ(新学名)さんと呼ばれるようになったそうです。でも今でも旧学名で呼ばれることもあるようです。わりと最近から観葉植物としてインテリアショップ等で見かけるようになった気がする、普段あまり見かけない気がする植物です。

pot20.jpg

このこはすごく生育旺盛で、去年うちに来てすぐ根が出てしまい、普通植え替えは気温が上がって生育期になってから行うべきなのでそれまで待とうと思ったら新しい葉が小さくなってきて(根詰まりすると新しい葉が小さく生えてくる)、こりゃあかん!と思って5月になって気温が上がったときに急いで植え替えしたら、根が鉢の中でぎゅうぎゅうパンパンになってました。そして今、なんとまた根が植木鉢から出てこようとしています・・・う、噓でしょ!?!?!?∩(〃゜◇゜〃;)∩また急いで植え替えだ!!!!!

このこはシマトネリコさんです。街路樹なんかでよく見かけます。お洒落なマンションの庭木として植えられていることもあります。

pot43.jpg

このこはヘデラ・ヘリックスさん、京成ばら園さん出身です。ヘデラはアイビーという名前でも呼ばれます。

pot21.jpg

まるで作り物みたいに美しい葉の色をしているんです。白、薄緑、緑の、三種類の色で葉が構成されているんです。

pot22.jpg

でもこのこ、買ったときにカイガラムシがついていて、薬が効きにくい虫なので捕殺で頑張りました。カイガラムシだからなんとか捕殺できました。ヨトウムシだったら気絶していたと思います・・・((((@ω@;)))ブルブル

ラベンダー・センティヴィアさんです。お花が咲いてきました!!∩(〃´▽`〃)∩♡ ♡ ♡ ♡ ♡

pot23.jpg

とっても良い香りがします。ポプリを作らせてもらおう。

pot24.jpg

ミニバラさんです。実はこの子は一か月ほど前にうちに来たばかりで、半額セールで買った子なんです。

pot1.jpg

ウドンコ病にかかってつぼみの根本が全部ダメになっていて、それでセール処分にされてたんです。ウドンコ病は、日なたにおいてベニカXスプレーをプシュプシュやったら治りました。つぼみも1つ生き残って、赤く色づいてきました。お店の人に尋ねたんですが品種が不明で、咲けばわかるかもしれません。

pot2.jpg

ばら用の液肥も買ってあるんですが、希釈が5mlに対して4リットルの水ということで、すごく沢山出来てしまうので、今は固形肥料だけで育てています。根っこが出てきたので植え替えもしてあげたいので、替えてしばらくして落ち着いたら液肥も加えて育ててあげたいです。

最後に、一番大きい子を・・・このこはエスキナンサスさんです。エスキナンサスは100種類ほどあるようなので、このこもエスキナンサス・なんちゃら、と名前がつくはずなのですが、お店の人に尋ねてもわからず、不明です・・・m(〃_ _〃;)m

pot28.jpg

うちの植物達の中では、このこが一番大きいです。大きさ比較のために、隣に500mlのペットボトルを置いてみました。ちなみにこのペットボトル、Dがくじで当ててくれた景品です・・・!!(〃´艸`〃) ♡ ♡ ♡ ♡ ♡

pot29.jpg

葉っぱが厚くてしっかりしてます。

pot30.jpg

白い模様が入ってるんです。本当に、なんていう種類なんだろう・・・(っ〃゜◇゜〃c)??

pot33.jpg

ご閲覧ありがとうございました!!m(〃_ _〃)m!!

コメント

非公開コメント

No title

おはようございますー。ご無沙汰してます☆

ポポラスは可愛いですよねー♡支柱がなくても自力で立ってくれたら、尚可愛いのに…と思います 笑
ちなみにうちのポポラスは植え替えたら元気がなくなってやばそうです(´・ω・`)どうしよう…

最後のエスキナンサスですが、オーレウムの斑入りかなぁと思うんですがどうでしょう?ボレロ何とかも似た感じですが、葉っぱの形がちょっと違うかなと。
種類がいっぱいあるのでどっちも違うかもですが;

あとフランス!もう行ってきたんですねー!!オカルトなお話も含めて記事楽しみにしてますー(●´ω`●)♡

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!絲様あああああ!!ご来訪大歓迎でございますううう!!♡*゚。*。゚*♡∩(〃´▽`〃)∩♡*゚。*。゚*♡

すぐにお礼のお返事をしたかったのに、遅くなってしまって大変申し訳ございませんでした!!!!!。・゚゚・∩(〃゜´Д`゚〃)∩・゚゚・。!!!!!

ご無沙汰しております、またお会い出来てとっても嬉しいですううううう♪♪♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ∩(〃´▽`〃)∩ようこそようこそおおおおお!!♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡

ポポラス可愛いですよね・・・!!そうそう、支柱がなくても自力で立ってくれたら尚可愛い・・・!!わかります~、うちのポポラスさんも、もうそろそろ支柱を立ててあげないとクタッとしそうです・・・(〃´▽`〃A(汗) ぐぬぬ・・・自立出来ている背をキープするように摘心&剪定を何年間も行っていけば、茎が太くなっていったりするかなあ・・・

野生のポポラスはどのように自立しているのだろうと思って調べてみたんですが、情報が全然出てこないのです。他のユーカリの野生状態については詳しい情報が書いてあるのですが、ポポラスの詳しい情報はあまり見かけないです。例えばwikipediaの「ユーカリは非常に根を深く張るためインドの砂漠化した地域の緑化に使われ成功した」というユーカリの情報も、根がとっても浅いポポラスには全然当てはまらない情報なので参考にならない、といった感じです・・・m(〃_ _〃;)m
ポポラスが自立できる方法は私も知りたいので、これからも調べてみます!!p(〃`・ω・´〃)q☆

絲様のポポラスさん、植え替えたら元気がなくなったということは、土が合わなかったのかなあ・・・私はprotoleafさんというメーカーの「観葉植物の土」という土でうちの植木鉢(ミニバラ以外)を全部植え替えておりまして、うちのポポラスさんもこの土で無事に根付いております。ポポラスは水はけの良い土を好むみたいなので、土を変えて植え替えたり、もし根や下のほうがダメそうだったらいっそ元気な部分の茎を切り取って挿し木してみるとか、い、いかがでしょう・・・?(っ〃≧ω≦〃;c)ドキドキ・・・!!

エスキナンサス・オーレウムの斑入り・・・!!画像検索してみましたら、確かに似ております!!Σ∩(〃゜◇゜〃)∩これかもしれないです・・・!!教えてくださってありがとうございますううううう!!!!!(っ〃´▽`〃c)♡ ♡ ♡ ♡ ♡
この記事に私が書いた植物達の名前ですが、書いた後で調べてみましたら、エスキナンサスだけでなく、ヘデラ・ヘリックスとかも、更に細かい分類があって「ヘデラ・ヘリックス・セシリア」という名前が正しかったりと、色々名前が足りなかったりしてました・・・c(〃´▽`〃;c)トホホ☆
これらの植物達の名前、わかった部分を加筆修正させて頂きますです・・・!!(っ〃≧ω≦〃c)♡ ♡ ♡ ♡ ♡

おかげ様で(絲様が祈ってくださったお力により)フランスに行けました・・・!!!!!ありがとうございますううううう!!!!!m(〃_ _〃)m♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 記事を楽しみにしてくださってめちゃくちゃ嬉しいです!!!!!頑張ります!!!!!p(●´▽`●)q☆

コメントありがとうございましたあああ!! ♡。♪。+゚☆゚+。♪。♡ c(〃´▽`〃)っ ♡。♪。+゚☆゚+。♪。♡

No title

こんばんはー☆ (艸′v'★*)。
お返事ありがとうございますー。またお邪魔してます☆

オーレウム似てましたか!良かったです.*゚
ポポラスは土ですか!思い当たる節しかありません 爆
植え替えにはゴールデン粒状培養土(アイリスオーヤマ)を使ったんですが、室内で育てることも考えて通気性のいい土とブレンドとかもうちょっと考えてあげれば良かったです(*´﹃`*)しかもゴールデンは弱酸性だったので、ブレンドは必須でしたorz
さゆさんのお返事を読んで速攻引っこ抜きましたが、えらく悲惨なことになってしまいました(›´ω`‹ )
根っこは無事だったので試験管に突っ込んで、ただ今水栽培です←
なんか可愛いので、このまま元気に育ちそうなら水栽培で育てたい気もするけど、検索してもそんなことしてる人いないので、やっぱり土で育てるものなんだろうなぁと思います。

めっちゃ時間かかりそうだけど、摘心 &剪定と日当たりで幹は強くなりそうですよね(●´ω`●)ユーカリはグニーとかよく検索で引っかかるけど、ポポラスはほんとに少ないですよねー。こんなに可愛いのに。(こんなに可愛い子にえらい仕打ちをしてしまいましたが)

ということで、おかげさまでうちのポポラスが何とか助かりました!ありがとうございます:.゚ :*・*゚.:。+゚+(((ノ´Дヾ)) :*:.
フラスコに移せるくらいに大きくなったら、また報告に来ます 笑←水栽培する気満々☆

ありがとうございます!!

いらっしゃいませえええ!!絲様あああ!!ご来訪大歓迎でございますううう!!☆*。♡。*☆∩(〃´▽`〃)∩☆*。♡。☆*

ようこそようこそ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ごゆっくりなさっていってくださいまし♡ ♡ ♡ ♡ ♡ さあ、お茶を・・・ (っ〃´▽`)っ旦~~

オーレウム教えてくださって助かりましたです~(っ〃´ω`〃c)♡ ♡ ♡ ♡ ♡ さっそく記事内にオーレウムって書かせて頂きますです♡ ♡ ♡ ♡ ♡ m(〃_ _〃)m

ゴールデン粒状培養土(アイリスオーヤマ)さん、調べてみたんですが、すごく良い土みたいですね・・・!!!!!水はけも良く保水力もあり、栄養もたっぷりで、口コミや評判が良く、観葉植物に適しているって書かれてました。私も普通に使ってしまいそうなんですが、そっか、アルカリ性とかの問題があるのか・・・!!Σ∩(〃゜◇゜〃)∩!!私、土のpH値とか全然考えてませんでした・・・!!あわわわわ、あぶないあぶない、気を付けなきゃ・・・!!教えて下さって本当にありがとうございます!!!!!m(〃_ _〃)m!!!!!

土のブレンドが出来るなんてすごいです~!!(っ〃´ω`〃c)♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 私はまだ1回もチャレンジしたことが無く、既製品をそのまま使ってるんです。私も、もう少し園芸が上手になったらやってみようかな? c(〃´▽`〃c)♪♪

絲様のポポラスさん、根っこが無事で何よりです・・・!!私もポポラスさんの水栽培は見たことが無いんですが、うまくいくと良いですね・・・!!実は私、水栽培は自信が無くて、1回もやったことが無いんです。私が水栽培したら枯らしちゃいそうで、怖くて手が出せないでいるんです・・・(〃´▽`〃;A(汗)
試験管とかフラスコとか、ガラスの器で育てるの、ものすごくかわいいですよね♡ ♡ ♡ ♡ ♡ (←もっと園芸能力が高かったらやってみたい私)

グニー・・・!!!!!そうそう、グニーならもっと簡単に茎が太くなって、枝がいくつも出ても自立できるみたいなので、育てるのが楽らしいですよね!!普通に庭木にもなるみたいだし・・・!!(っ〃゜◇゜〃c)☆
ポポラスは育てにくいみたいなので、それで育てている人が少なかったりして、情報が少ないのかなあ・・・
もっと詳しい情報がどこかに無いか、本とか探してみますです。あとは、販売元の園芸屋さんとかなら詳しい情報をご存じだったりしないかなあ・・・一度、大きなお店に行ってみようかなあ。

絲様のポポラスさんが助かって何よりでございます!!わーいっ♪♪わーいっ♪♪∩(〃´▽`〃)∩♡ ♡ ♡ ♡ ♡
私の力というより、絲様の園芸力の高さがポポラスさんをお救いになったんだと思いますです!!(っ〃≧ω≦〃c)♡ ♡ ♡ ♡ ♡

是非是非、またご報告にいらっしゃってくださいませ~♡ ♡ ♡ ♡ ♡(っ〃´▽`〃c) わくわくしながらお待ちしております!!!!!♡ ♡ ♡ ♡ ♡

コメントありがとうございましたあああ!!☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆ c(〃´▽`〃)っ ☆☆.。.:*・゚*:.。.☆☆
プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR