FC2ブログ

沖縄旅行(2)久米島(はての浜)編

この記事は、「沖縄旅行(1)羽田空港→那覇編」の続きでございます。この記事は、久米島(主にはての浜)に旅行したレポート記事でございます。この記事、完成しました!! p(〃´ω`〃)q☆゜*+。

友達が撮影してくれた、私の写真です♡(っ〃 ▽ 〃c)♪♪゜*+。

kume2.jpg

那覇空港さんにて、JAL(JTA)さんのジンベイジェット(ブルー)さんを見れました!!∩(〃´▽`〃)∩♡゜*+。

km1.jpg

エアポートリムジンさんの車内から撮影しました、これからこの飛行機さんに乗せてもらって、久米島さんまで飛ぶのです!∩(〃´ω`〃)∩♬♫゜*+。

km2.jpg

JALさんで、機種はボンバルディアDHC 8-Q400ccです。ボンバ~♬♫p(〃´▽`〃)q♫♬゜*+。

km3.jpg

ボンバルディアQシリーズの「Q」とは「Quiet(静か)」です。こちら、ターボプロップエンジンです。

km17.jpg

プロペラを横から見た写真です。このQシリーズは、日本の三菱重工業さんがかなり設計・製造を担当なさってるんですよ!日本とカナダの混血さんですね♪(〃´艸`〃)☆゜*+。

km4_20190812235823a79.jpg

このこに乗せてもらって飛んでいたら、窓から慶良間諸島さんが見れました!∩(〃´▽`〃)∩✿゜*+。

km5_2019081223582477f.jpg

はての浜さんの写真です!水がすっごく透明で、波が透き通ったゼリーみたいに見えました!(っ〃 ▽ 〃c)♡♡♡♡♡゜*+。

km6.jpg

船着き場や、遊泳場所をわけるために、ブイが浮かべられていました。

km10.jpg

潮の満ち引きがあるので、時間帯にもよると思うんですが、遠浅の美しい透明の水が見られました。

km7.jpg

左上に見える小さな黒い粒は、はての浜さんにいる人間さん達です。お船も小さく見えます。こ~んなに広くまで、浅く透明なきらきら水が広がってるんです…!!!!。・゚゚・(っ〃゜´▽`゚〃c)・゚゚・。♬♫♫♬゜*+。

km11.jpg

真っ白な砂さん…この砂さんは、かつて生きていたサンゴさん達のかけらです。色とりどりだったサンゴさん達は、永遠の眠りについた後、真っ白な砂さんになって、この島さんを作ってくれたのです。なんて美しいんでしょうか…(∩´ω`゜c)✿゜*+。この写真は、全ての場所が水につかっているのですが、水があまりにも透明なので、このような波の穏やかな場所では写真にすると水が見えないほどなんです。

km12.jpg

こちらの写真は、一つ上の写真の砂さんよりも、砂さんが荒い(大粒の)場所を撮影してみました。はての浜さんは場所によって、砂が細かい浜辺と荒い浜辺がありました。波が穏やかな場所では、1つ上の写真のような細かい真っ白な砂さんが広がっていて、風向きや潮の流れにより波が強めな場所では、細かい砂は飛ばされていってしまうようで荒い砂さんが広がっているのでした。
この写真の砂さんは、荒い砂(大粒の砂)さんです。このような砂さんの場所では波もあるので、白いあわが幻想的なレースを作っていました。(〃´ω`〃人)✧゜*+。

km28.jpg

あまりに透き通った水なので、水中にもぐったり眺めたりすることに、みんな夢中になりました。お魚さんにあげるエサをホテルで売っていたので、寄ってくるお魚さん達にみんなであげました。私は水中カメラを持っていったのですが、この記事にはちょっと写真をアップしないでおきます…アップしない理由は、けっこうビックリな理由(私的には衝撃的)だったので、漫画に描いてみようと思います…エヘヘ(〃´▽`〃;)ゞ☆゜*+。

km13.jpg

この遠浅の浜辺が見たくて、旅行の日程には大潮の時期を避けたんです。遠浅の海を見たいというのは私の希望だったので、私が調べて決めました!(〃´艸`〃)✧゜*+。はての浜に行く当日の朝まで、ずっと雨や台風との兼ね合いを心配していましたが、とても幸運なことに、私の選んだ日程によって、台風と台風の合間の晴れ間に海を見ることができました。すごいツイてました!!!!∩(〃´▽`〃)∩♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡゜*+。私スゴイ!!!!と思ったけど、もしかしてDのおかげだったのかも?(っ〃´ω`〃c)✿゜*+。

km14.jpg

4人でバナナボートに乗りました♡ジェットスキーで引っ張ってもらえるんですが、スピードを出して波の上を通過すると、ボヨン!ボヨヨ~ン!って跳ね回ってすっごく楽しいんです♪すごいスピードで旋回すると、水がバシャバシャかかってスリル満点です♪しっかりつかまってないと落ちちゃうんですよ♬♫(〃´艸`〃)♫♬みんなでキャッキャ笑いながら乗りました、最高でした!!!!また乗りたいです~♡゜*+。

km15.jpg

すんごいボヨンボヨン跳ねているときの写真です。カメラが海水でビショビショ!ほんと楽しかったです~(っ〃 ▽ 〃c)♪♪゜*+。

km16_2019081223582678f.jpg

はての浜自体がサンドバンクなんですが、その中にさらに小さいサンドバンクを見つけました♡(っ〃≧ω≦〃c)☆゜*+。

km18.jpg

これ、私以外の誰かが撮った写真かも…カメラによって、海の青さが水色っぽく撮れたり緑っぽく撮れたりしました。私は海は水色っぽいのが好きで、緑っぽくないほうが好みなんですが、友達はエメラルドブルーの海が好きだから緑っぽい写真のほうが好きって言ってる子もいます。お客様はどっちがお好きですか?(〃・ω・〃)✿゜*+。

km19.jpg

こうして見ると、はての浜さんがサンドバンクで出来ている姿がよく見えます。左右で海の色が違うのは、右側の海は深くて、左側の海は浅いからなんです。あと左の海には波がありますが、右の海には波がありません。その理由は、風が左から右に吹いているからなんです。(っ〃´ω`〃c)☆゜*+。

km20.jpg

一つ上の写真の、右側の海に近づいて撮った写真です。海の色が、途中からすごく濃くなっている部分がありますが、これって急に深くなっているからなのかな?いや、こんな一部分だけ深いなんてことないか…海藻とかが生えてる色なのかな?ここは遊泳禁止区域だったので、なぜ色が変わっているのか確認できませんでした。謎が残ります…(〃゜Д゜〃)ドキドキ☆゜*+。

km21.jpg

こちら、まるで人工的に作られたプールのように四角く緑色になってますが、これは自然が作ったもので、海が急に深くなっているから濃い緑に見えるんだそうです。途中まですごく浅いから、足がつくと思ってうっかり入ったら危険なのかも?(〃゜Д゜〃;)ドキドキ☆゜*+。ここも遊泳禁止区域だったので、危険かと思ってどれくらい深くなっているのか確かめませんでしたが、泳がずに足で深さを調べるくらいならOKだったのかも…ここまで乗せてきてくれた船のお兄さんに尋ねれば良かったなあ~(-ω-〃)☆゜*+。

km32.jpg

逆光で撮影すると、こんな感じの写真が撮れます。逆光だと日光が強くて砂が影で暗く写っちゃうなあ、夕方に撮ればロマンチックな写真になりそうだけど…(〃・Д・〃)

km29.jpg

この部分、砂がとても荒かったので撮影してみました。はての浜さんを歩いてみてわかったのですが、風向きや潮流の流れによって波が強い場所と弱い場所があるようです。波が弱い場所は本当に波が無いくらいで、そういった場所にはとても細かく白い砂でできているのですが、波が強い場所ではこの写真のように、大粒の荒い砂さんで出来ていました。

km30.jpg

船着き場の周辺は、このように石や岩が落ちていました。安全上、はての浜さんを歩くには、ビーチサンダルなどの足が露出する靴ではなく、マリンシューズを履いて歩いたほうがいいと思います。(写真撮影用のサンダルを写真撮るときだけ履くなら大丈夫だと思いますが)d(〃´ω`〃)b☆゜*+。

km33.jpg

ヤシの実さんが落ちてました!!∩(〃´▽`〃)∩✿゜*+。どこから流れてきたのかな?これからまたどこかに流れていくのかな?落ち着いた場所にたどり着いたら、大きな木になって実をいっぱい付けてね。

km34.jpg

こちらのお船に乗せて頂いて、はての浜まで行きました。遠くの水平線に白い線が見えますが、あれがはての浜です!(〃´艸`〃)♪♪゜*+。

km22.jpg

白く見えるはての浜さん!そして海の中には、黒くて大きい影が見えます。きっと大きな岩とかサンゴがいるんでしょうね。

km23.jpg

日光の加減なのか、それともカメラの具合なのか、海の色が少し違う色に撮影されることがあります。不思議~(〃゜Д゜〃)☆゜*+。

km24.jpg

お船さんに乗せてもらいながら撮影した写真です。エメラルドブルーの海…!!∩(〃´▽`〃)∩♪♪゜*+。

km25.jpg

お船さんのエンジン達が元気よく働いてくれています。お船さん乗せてくれてありがとう~♬♫(っ〃´ω`〃c)♫♬゜*+。

km26.jpg

お船さんの室内から、窓を撮った写真です。実はこのお船さん、結構なスピードを出して進んでいるので、波に当たってバウン!バウン!と跳ねるように激しく上下しながら進んでいるのでした。こちらの写真を見てから、下の写真をご覧くださいまし。(っ〃゜Д゜〃c)☆゜*+。

km35.jpg

一つ上の写真では窓から海が見えていますが、こちらの写真では海がほとんど見えません。こちらの写真は、船がバウン!と跳ねたときに撮影したものだからです。この写真のように、窓から海が見えなくなるくらい高く飛び跳ねながら進んでいるのです。∩(〃´▽`〃)∩☆゜*+。

km37.jpg

ジャンプが終わり、着水した瞬間の写真です。お船さんには滅多に乗らないので、お船さんがこんなに跳ねながら進むとは知りませんでした。うふふ♪楽しい~♪♪d(〃´▽`〃)b♪♪゜*+。

km36.jpg

こちらは久米島さんのイーフビーチです。イーフビーチさんはとても長いビーチで、砂がサラサラな部分や岩がある部分など、様々なお顔を見せてくださっているビーチさんなのだそうです。d(〃´ω`〃)b☆゜*+。

km31.jpg

イーフビーチさんのこの部分、砂が白くてサラサラで、波も優しそうに見えるのですが、ここ付近は遊泳禁止なんだそうです。急に深くなっていて危険なんだそうです。こんなに穏やかそうに見えるのになぁ~(〃゜Д゜〃;)☆゜*+。

km8.jpg

イーフビーチさんの砂です♡ ご覧くださいまし、この細かさ、この白さ…♡∩(〃´▽`〃)∩♡゜*+。(砂が大粒で荒い場所もあると思いますが)

km9.jpg

こちらは、雲がまるで翼のように広がって見えるので撮ってもらった写真です。モデルは私です。(〃´ω`〃)ゞ✿゜*+。

kume1.jpg

こちらは久米島さんの動画ではないんですが、感動したので載せてみました。釣り糸が絡まったマンタさんに出会ったダイバーさん達が、みんなで釣り糸を取ってあげたら、ダイバーさん達が助けようとしていることにマンタさんが気が付いて、釣り糸が取れた後もしばらくダイバーさん達に寄り添っていたんです。やがて、マンタさんはしっぽでダイバーさんにそっと触れて、それからゆっくり去っていったのでした…(っ〃˘꒳˘〃c).:*♡



はての浜さんでの出来事は、漫画も描いて別記事としてアップする予定でございます。面白い感じに描きたいです!(੭〃ˊ ꒳ ˋ〃)੭ ゜*+。

ご閲覧ありがとうございました!!∩(〃´▽`〃)∩♡゜*+。

コメント

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております(小声)

沖縄旅行いいですね~
私が行ったのは小学生だか中学生の頃の修学旅行だけ。
その時は写真のような透き通った海ではなく、なんかその辺にありそうな浜辺で遊んだだけでした…。

昔は沖縄=海・台風のイメージでしたが
こうやって大人になってから再度考えてみると
それだけでは無い、寧ろその考えが失礼だったと思い知らされます。

当時からどれだけ見どころや観光スポットが増えているか気になります!
首里城やその周辺、件の浜辺しか行ってませんから…。
記事の写真を見て脳内旅行します('ω')

No title

飛行機かわいい~めちゃんこかわええ~!!

前の記事でもすっごく綺麗&かわいいのいっぱいですね!

さぱーっと浄化されそうな綺麗な海や植物
四季と自然っていいですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR