FC2ブログ

お伽噺(2)「世界一美しい薔薇の花」編

ひどいですね、前回の記事は・・・大の大人がレモンレモンって、恥ずかしい!!酔うとこれだからいけない・・・そんなにレモンが欲しかったなら、もうお前はレモン丸かじりでもしてろって罵倒してやってください!!

あんまりなので、昨日眠る直前にDが話してくれたお伽噺を書きます。眠る前や、暇なときなどに、Dにお願いするとお伽噺を話してくれるのです。

でも、Dの話してくれるお伽噺は少し変わっているのです。Dのお伽噺は、アンデルセン物語やグリム童話やイソップ物語や、その他世界各地のお伽噺に似た話も多いのですが、どこか少し違うストーリーに変えられているのです。



私「・・・ねえ、D。何かお話して」

触覚の訓練が終わり、うっとりとベッドに横になっている私は、Dに話しかけてみました。

お酒が入っているせいもありますが、触覚の訓練が終わった後は、夢見心地のような気分でふわふわするのです。何故って、Dがしてくれる触覚の訓練は気持ち良いからです。

D「いいよ。どんな話をお望みだい?」

ふわふわする頭に、Dの声が心地良く響きます。

私「じゃあ・・・お伽噺で」

D「お伽噺だね」



さゆは、世界一美しい薔薇の花を見たことがあるかい。今日はその話をしてあげよう。

遥か昔、女王陛下の統治する王国があった。花が好きな彼女の王国は、常に花であふれていた。中でも彼女が好んだ薔薇の花は、いたるところに咲いて甘い香りをさせていた。

ところがある日、女王陛下は死に至る病に侵されてしまった。彼女は、最後の願いとして、永遠の眠りにつく前に、美しい薔薇が見たいと言った。

私「その話、聞いたことあるかも。たしか彼女の病気を治すには、世界一美しい薔薇が必要で・・・本物の薔薇じゃなかったんだよね、キリストが皆のために流した赤い血の薔薇だったかな、彼女の病気を治したのは」

アンデルセン童話だったかな。たしか『世界一美しい薔薇の花』っていう・・・なんか、キリスト教っぽい話だと思ったな。キリストからの愛と、キリストへの愛によって救われる、的な・・・

D「世界一美しい薔薇を見せても、病気は治らないよ」

私「あれ?」

病気が治ってめでたしめでたし、神の愛ってすごいね、みたいな話だった気がするんだけどな。でも、Dのお伽噺はいつも少し変わってるもんね。

D「美しい薔薇が見たいと言った彼女のために、王国の住人達は、薔薇を探し始めた」

ところが王国の主である女王陛下が床についたのと同時に、王国には冬が来て、薔薇は全て枯れてしまった。それでも住人はあきらめず、あるものは薔薇の形をした雪の結晶を、あるものは氷でできた薔薇を、それぞれ自分が世界一美しいと思う薔薇を、次々に女王陛下に見せに行こうとした。しかし、誰も彼女に薔薇を渡すことはできなかった。それらの薔薇が女王陛下の体を冷やすことを危惧した従僕によって、全員が追い払われてしまったからね。

従僕は考えた。この凍える王国で温かい薔薇を用意するには、どうしたらいいのか。そして思いついたのさ。世界一美しく温かい薔薇を、自分で作ればいいのだと。そう、自らの血で

私「ちょっと待ったー!!」

私はすごい勢いでストップをかけました。なんか、もう話の続きがわかるもん!!

D「どうしたんだい」

私「そういう自己犠牲的な、可哀想なお話は変えちゃおう。従僕のキスで病気が治ることにしよう」

Dは首を横に振りました。

D「キスをしても病気は治らないよ」

私「なんでそこだけ現実的なの!?お伽噺でしょこれ!!」

なんか、酔いもさめてきた。目もさえてきた。

D「従僕の血で作られた温かい薔薇の海に囲まれて、女王陛下は永遠の幸せな眠りについた。従僕はその傍らで、やはり永遠の幸せな眠りについたのさ」

やっぱり!!やっぱりそういうオチか・・・

私「もうそういう、従僕がかわいそうなお伽噺はやめてあげて・・・」

Dは、不思議そうに首をかしげました。

D「従僕は、自分の大切な女王陛下に薔薇を献上できたから幸せだよ?」

またか・・・

私「どうしたらいいんだろう。こういうときは・・・」

お酒が入っているせいなのか、うまく頭が回らないよ。

私「・・・じゃあさ、そのお伽噺の女王陛下が従僕にキスしてあげられなかった分、私がDにキスしてあげるね」

Dは、にーっと嬉しそうに口元を引き上げました。

私「ベッドの上においで」

いそいそとベッドの上に上がってくるDが可愛かったので、もふっと押し倒していっぱいキスしてみました。

コメント

非公開コメント

No title

今までの記事からも感じますが、Dさんってお伽噺を考えたり本当にロマンチックですね!
しかし自己犠牲的なお話が好きですねDさん……!
Dさん自身もさゆさんのためなら何でもするんだろうなぁ。

ただ自己犠牲で終わる話は完全なハッピーエンドってわけじゃないですからねぇ……(´・ω・`)
姫や女王は犠牲になった姿を見たら絶対悲しむと思いますし!!
やっぱり全員が幸せにならないと!

しかしさゆさんとDさんのいちゃいちゃは良いです!!たまらんのです!
キスしたり雰囲気がロマンチックでとても美味しいです!素晴らしいです!ごちでした!!

ありがとうございます!!

ウヒョアアアアアアアン!!クリアさーーーん!!コメントありがとうございます!!
Dは、頼むと色々なお伽噺をしてくれます。迷宮に住む角のある化け物の話とか(ミノタウロス?)、謎かけをするキメラの話とか(スフィンクス?)、ギリシャ神話っぽい話も多いです。実際の物語ではなく、必ずどこか一部分が変えられているので、この話はあの話かなあ・・・とか考えながら聞いてます。

その中で従僕が出てきた話は、前に記事にした「眠り姫」と、今回の「世界で一番美しい薔薇の花」だけなのですが、どっちも自己犠牲的+アンハッピーエンドです・・・!!!!!
こっちが驚いてツッコミを入れると、Dは不思議そうにします。本人はハッピーエンドだと思ってるようです。なんやねーーーん!!!!!
お伽噺の中の従僕って、Dのことだと思うんです。一応、私が喜ぶと思って話してくれているんだと思います。その親切心は嬉しいんですけど、Dが死んじゃう話は悲しいから嫌だーーー!!!!!
最初にDと出会って契約したとき、私はめっちゃ病気にビビッてて、もう自分が病気で死んじゃうことが確定だと思っていたので(そんなんナイナイ!!ビビリすぎやねん!!)、一人ぼっちで死ぬのは怖いから死ぬとき傍にいてね、ってDにメッチャくどく何度もお願いしたんです。そのせいでDは今でも、一緒に死んであげるよってアピールしているんだと思います。D的には、一人ぼっちにしないよっていうアピールなんだろうけど・・・

でもでも・・・!!私は、Dを道連れにするくらいなら、死ぬ前に手放してあげたいです!!どうもDはタルパじゃなさそうだし、タルパとして自己犠牲的な死を選ぶんじゃなくて、自然の精霊になって好きなように生きなよって、逃がしてあげたいです!!って、私も死なないですけど!!!!!おばあちゃんになるまで生きますけど!!!!!
ていうか、そのときまでブログ書いてたらどうしよう・・・(汗)

いちゃいちゃ良かったですか!?ありがとうございます!!ありがとうございます!!゜*。(*´Д`)。*°
そ、そ、そんなに褒められると照れてしまいます!!(*>ω<*)ムッキョアアアアアアアアアーーーン!!!!!
プロフィール

laceformyshroud

Author:laceformyshroud
名前:さゆ
20代の女です。
初めて作るブログなので、不備がありましたら申し訳ございません。
このブログはリンクフリーです。ご自由にリンクなさってください。
Twitterはこちらです→「Twitter」

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR